日本アイスペース、世界初の商業用月着陸準備

1 min read

小宮関太郎

東京、4月25日(ロイター) – 日本スタートアップアイスペース(ispace inc)が水曜日早く月に白鳥Rミッション1(M1)宇宙船を着陸させる準備をしている。

M1着陸船は12月、スペースXロケットに乗ってフロリダ州ケープ・カナバレルから離陸した後、日本時間午前1時40分頃(火曜日1640 GMT)に着陸する予定だ。

成功とは、日本が2020年代後半までに日本の宇宙飛行士を月に送る目標を含め、国内産業を構築しようとする大きな野望を持っている宇宙技術で最近直面した欲求不満から嬉しい反転を意味します。

最も大きな打撃の1つは、先月、JAXA(Japan Aerospace Exploration Agency)が新しい中型H3ロケットを紛失して宇宙に到達した後、強制的に手動で破壊したことです。 これはJAXAの固体燃料エプシロンロケットが10月発射後に失敗してから5ヶ月も経っていない時点だ。

2.3メートル(7.55フィート)の高さのM1は、現在の場所から約6,000 km / h(3,700 mph)で動く表面上の約100 km(62マイル)の月軌道で1時間着陸段階を開始します。 CTO Ryo Ujiieは、月曜日のプレスブリーフィングで語った。

宇治は、月の重力に対抗して、着陸船の速度を適切な速度で遅らせる作業を「スキージャンプの丘の端から走る自転車のブレーキを踏む」ことに例えました.

米国、旧ソ連、中国だけが宇宙船を月に連着陸させ、最近インドとイスラエル民間企業の試みは失敗で終わった。

月の北半球にあるMare Frigorisの端にある着陸地点に達した後、M1はJAXA、日本のおもちゃメーカーTomy Co、Sony GroupとUnited Arabが開発した野球ボールサイズの2輪ローバーを配置する予定です。 エミレーツ航空の4輪「ラシッド」ローバー。

M1はまた、NGK Spark Plug Coによって作られた実験用固体電池を搭載しており、月で性能を測定するための他の物体もあります。

2024年に予定された2番目のミッションでは、M1はispaceの独自のローバーをもたらすでしょう。

東京に本社を置く月運送スタートアップの株式は、今月の東京証券取引所で月探査と運送事業が日本の国防及び宇宙開発に対する国家政策に合致するという投資家の期待に支えられ、膨大な市場デビューを行いました。 (Kantaro Komiya記者、編集Kim Chang-RanとStephen Coates)

READ  ブロックチェーンがアフリカを変える 
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours