トップニュース

日本アニメ「ワンピース」1000話を突破

発行日: 修正済み:

パリ(AFP) – 「ワンピース」が麦わら帽子をかぶった素敵な海賊を世界に紹介してから20年が過ぎた今、日本漫画シリーズのファンは今週末1,000回目のエピソードが公開されるのを焦って待っています。

「ワンピース」は1997年に日本で漫画(漫画)形式で初登場し、2年後にアニメ(アニメTVシリーズ)版で登場しました。

それ以来、フランチャイズは世界的な文化現象となり、世界中で記録を更新し、ファンを確保しました。

それにもかかわらず、即時のヒットではなかった。

アニメシリーズを制作した日本企業である東映アニメーションのRyuji Kochiは、1,000部作のランドマークについて「奇跡です」と話しました。

彼はAFPとのインタビューで「初めから難しいタイトルだった。テレビに出ることは容易ではなかった」とファン層を育てることも容易ではなかったと付け加えた。

Kochiは、帽子をかぶった英雄Monkey D. Luffyの冒険に従って、アニメーションがカルトの地位に到達するのに13年という長い時間がかかったと言いました。

しかし今日、数億人のファンは、すべての海賊たちが探検する宝物であるワンピースを探す過程で、すべての反転に捕らえられています。

マンガ版の人気もテレビ番組が始まり続けた。

製作者の織田栄一郎は「単一作家が同じ漫画本シリーズに対して発行した最多部数」(正確には4億9000万部)でギネス世界記録を保有しています。

Netflixが手を振る

アニメシリーズの1000番目のエピソードは週末に80カ国で公開されています。

東京では、日本の首都の主要交通ハブの一つである渋谷駅に主人公たちの巨大な吊り幕が建てられました。

アニメシリーズ1000話は週末に80カ国で公開されます。 ベルーズMORE AFP /ファイル

アメリカ全域で特別上映が予定されており、日本に続く世界最大の漫画・アニメ市場であるフランスでは、100以上の映画館がマラソン観覧を計画しています。

アフリカからヨーロッパ、中東に至るファンは、このマイルストーンを称えるためにファンサイトに約20,000枚の自撮りを投稿しました。

「20年間ワンピースファンでした!」 ある日本の愛好家は画期的なエピソードを見ることに辛抱強くツイートしました。

「中学校の時から見て、大人になった後もまだ楽しく見ています」

オンラインプラットフォームディスコードで漫画ファングループを運営するフランスのファンAlexis Porielは、「ワンピース」の広い範囲が人気の主な原因であると述べた。

「社会問題について話し、行動があり、ユーモアがあります」と26歳の青年が言いました。

彼は人種差別から地政学的な陰謀まで、「「ワンピース」は社会的な質問と実際につながるように管理しています」と付け加えました。

このシリーズはまた、古代エジプトから中世の日本に至るまで、地理的、文化的参照を網羅し、普遍的な感じを与えるのに役立ちます。

次はNetflixの実写化作業が進行中で、ファンはこのNetflixが「スターウォーズ」や「ハリー・ポッター」と同様の世界的な名声を得ることができると推測しています。

ネットフリックスのキャスティング発表は今月初めにソーシャルメディアを熱く盛り上げ、18歳メキシコ俳優イナキ・コドイがルピー役を引き受ける準備をしている。

READ  学校との連絡も抗コレス国がデジタル化に通知 - 朝日新聞デジタル

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close