トップニュース

日本インバウンド観光、円安のウィンウィン効果への希望が大きくなる

日本政策立案者たちは、外国人訪問者に対する日本国境の追加再開がCOVID-19旅行制限で打撃を受けたインバウンド観光に生気を吹き込むと期待しています。

円安が追加的な浮揚策となり、為替レート効果を利用して誇示をしなくてはならない外国人観光客や円安の否定的な側面がある日本にウィンウィン状況を提供できることを願っています。 特に米ドルについてもっと目立つようになりました。

日本は9月初め、20,000人から50,000人の到着への日帰り入国限度を高め、ガイドなしで旅行する外国人旅行者を受け入れ始めました。 切迫した。

他のG7先進国と同様に、より多くの緩和に対する需要が高まるにつれて、政府は依然として新しいコロナウイルス症例の数が高いが、毎日の入国限度を取り除くことを検討している。

国際線の乗客が2022年9月7日、東京羽田空港に到着します。 (刑務所)

コロナウイルス感染症は、経済成長のエンジンとしてインバウンド観光を活性化しようとする日本の努力を妨げており、外国人観光客がどれだけ早く戻ってくるのかは不明です。 日本は外国人観光客にとって閉鎖的な国であるにもかかわらず、2021年世界経済フォーラム(World Economic Forum)が発表した旅行・観光開発指数で最高の旅行地として1位を占めました。

個々の旅行や自発的な旅行の制限、および1日の入国制限を含む追加の制限が解除された場合、日本は年に約2兆5000億円(175億ドル)または半分程度の支出を回復すると予想されます。 SMBC Nikko Securities Inc.のエコノミストによると、2019年ファンデミック以前のレベルの

これは部分的に円安が日本への海外旅行をより安くし、支出の欲求を煽るからである。 日本の通貨が米ドルに対して140を超えて取引されていることを考えると、旅行者は旅行に約190,000円を費やすと推定され、これは通貨が約109だったファンデミック以前の2019年の約160,000円から約20%増加した。です。

関口直人SMBC日光証券ジュニアエコノミストは、「過去のデータによると、円が弱気になったとき、外国人観光客は日本に滞在中に化粧品、お土産などのアイテムに支出を増やす傾向がある」と話した。

ただ、「コロナゼロ」政策を繰り広げている北京の厳格な防疫措置で、中国人の帰国時間がさらにかかると予想され、入国者の回復傾向が遅れると見込まれる。 。

コロナ19が発生する前は風が日本に有利に吹いていたようだ。 2019年に日本を訪問した観光客数は3,190万人で、月200万人を超えました。 日本政府観光局によると、今年7月の月間数値は14万4500人だ。

より多くの日本消費者がインフレ加速化の危機を感じながら円安が主犯であるという批判が大きくなるのは岸田文夫首相に望まないことだ。

彼は超低金利政策を維持し、2%のインフレ目標を達成するための日本銀行の努力を支持しました。

岸田首相は水曜日の政府パネル会議で「円安のメリットを楽しむためには、農産物の輸出とインバウンド観光を促進して収入を強化することが重要だ」と話した。

日本企業経営者協会は、政府が入国制限を廃止しながら、個人旅行の許可と無視者の短期訪問の許可を再開するよう促す。

グループは「今年の冬のインバウンド需要をつかむことが難しくなり、円安が経済に及ぼすマイナスの影響だけが明らかになるだろう」とし「外国人旅行回復は韓国よりはるかに遅い」と話した。 他のG-7国で。

円は水曜日に心理的に重要な145選に近く下落したが、これは明らかに日本通貨当局の境界レベルを高め、さらなる下落を避けるために直接介入に対する警告を強化した。

米国連邦準備制度(Fed)は、上昇するインフレを抑えるために金利をさらに引き上げると予想されるのに対し、日本銀行は夢中にならないでしょう。

ドルが他の通貨に対しても全体的に強みを見せている一方で、政府の政策オプションは、円の下落傾向を直接的に扱うためにますます制限されているように見える。

多くの市場参加者は、日本当局がドルで円を買うための直接的な介入は依然として不可能で非効率的であると信じています。

このような状況では、インバウンドツーリズムの復活は、円の購入需要が増加するため、経常収支を改善し、ドルと円のペアに影響を与えると経済学者は言います。

日本で外国人旅行者が支出した金額が日本で海外で支出した金額より多いという意味の旅行黒字が年間約3兆円水準でファンデミック以前の水準に回復した場合、大和セキュリティーCo. 2円下落しました。

大和証券のトルスエヒロ(Toru Suehiro)首席エコノミストは、「今年これまでに見た約30円(ドル高)より小さいかもしれないが、インバウンド観光は依然としてドル・円にある程度影響を及ぼすだろう」と述べた。

Suehiroは、「ドルは円に対してだけでなく他の通貨についても買収されました。主な原因は金利差を拡大することですが、これは米国経済の強みを反映することもあります」と述べた。 「日本経済がインバウンド観光で力を得ることができれば、円の売り圧力を緩和するのに役立つだろう」

READ  国内で新たに2596人の感染の最初の2500人以上の... 8道府県で歴代最多 - goo.ne.jp

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close