日本インフレの主な尺度は41年ぶりに最高水準に到達

Estimated read time 1 min read

2月に日本の消費者物価の重要な指標が41年ぶりに最も速い速度で上昇し、インフレが予想以上に硬直した状況で、次期中央銀行ガバナーが金融政策を調整しなければならない課題が増加しました。

継続的な物価圧迫と大企業の予想よりも大きな賃金引き上げが組み合わされ、インフレが強力な消費者需要によって主導されず、輸入商品コストが下落するにつれて鈍化するという日本銀行の予測を無色にしました。

アナリストらは、インフレ率が4月にBoJの首長を務めた上田和夫に、銀行の非常に緩い金融政策に変化を与え、国債利回りを抑制する慣行を放棄するよう圧力をかけると述べた。

新鮮食品価格を除く主要消費者物価指数は、電気及びガス価格を抑制するための政府補助金が始まり、1月の4.2%上昇から急激に鈍化し、2月に年率3.1%に上昇しました。 13ヶ月ぶりに市場期待に合致した。

エネルギーと食品の価格を除いて、主流を含むいわゆるコアCPIは3.5%上昇し、1982年1月以来最も急速な増加率を記録しました。 すべての種類の食品とエネルギーを除くCPIも増加しました2.1%でBoJの目標値を超えました。

UBSの足立正道(Masamichi Adachi)日本首席エコノミストは「核心CPIが予想より強く見える」と話した。 「通過 [from wholesale prices to consumer prices] 昨年は起こらなかったことが今起こっています。」

価格の圧力は毎年 スント 日本の主要企業が4月に始まる会計年度に対して平均3.8%の給与引き上げを許可することに合意したとき、賃金交渉ラウンド。 この提案は市場の予想を上回りました。

労働組合連盟レンゴによると、年功序列を除いた基本給は2.3%増加し、前年度0.5%に比べて大きく増加した。

小企業の賃金交渉の後、最終的な引き上げ率は下がるかもしれませんが、日本の証券の上級エコノミストであるKentaro Koyamaは次のように書いています。 スント 結果は、一回限りの現象ではなく、日本がインフレバランスに移行する上で重要なステップです。

米国とは異なり、日本のサービス部門のインフレは過去30年間で賃金が停滞し、2月に1.3%上昇し、弱気を見せました。 したがって、BoJは、物価の上昇から賃金の上昇に移行するまで、通貨緩和の基調を維持し続けなければならないと主張しました。

UBSのAdachiは、BoJが6月または7月に長期の利回り曲線制御方針を終了すると予想していると述べた。

彼は、米国のシリコンバレー銀行破産とスイスライバルUBSに対するクレジットスイスの売却によるグローバル金融市場の混乱に照らして、中央銀行がマイナス金利を維持する可能性が高いと付け加えた。

READ  男子バレーボール、日本アロハツアー開始
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours