トップニュース

日本エネルギートリオ、マレーシアでCO2削減に協力ニュース

日本のエネルギー会社であるジャパン・ペトロレウム・エクスプローション(株)(JAPEX)は、JGCコーポレーション(JGC)と川崎きsen カイシャ(Kライン)とマレーシアにおける炭素回収・貯蔵(CCS)技術の実行可能性を模索するために契約を締結しました。

この研究は、二酸化炭素(CO2)の貯蔵に適した場所と、マレーシアサラワクのペトロナスLNG複合体でガスを捕集して輸送する方法と、海外で輸送する可能性を調査します。

これには、貯蔵容量や最適な貯蔵方法の計算などのCO2貯蔵技術の評価、排出量と捕集量の推定など、最適な回収と輸送オプション、地下のCO2貯蔵方法の監視が含まれます。

以前、ペトロリアム・ナショナル・ベルハド(ペトロナス)と了解覚書を締結したJAPEXは、AETI(Asia Energy Transition Initiative)が強調するように、アジアで「脱炭素社会」を実現するためにエネルギーパートナーと協力しています。

AETIは、アジアで持続可能な経済成長と炭素中立を達成するために、2021年5月に発表された日本政府のイニシアチブです。

READ  オンラインカジノゲームのヒント

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close