トップニュース

日本オリンパス、顕微鏡ユニット30億ドルでベーンに売却

男は2012年6月19日、東京の会社本社でOlympus Corpのロゴの近くに座っています。 REUTERS / 中野ゆり子 / File Photo

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

東京、8月29日(ロイター) – オリンパス(Olympus Corp, 7733.T)は月曜日プライベート・エクイティ・ファンド会社であるベーン・キャピタル(Bain Capital)に顕微鏡事業部を4,276億円(31億ドル)に売却することに合意したと明らかにした。 。 まだ。

産業用内視鏡とX線アナライザも作成するこのデバイスの販売は、Olympusが医療技術に集中するためにビジネスポートフォリオの精密検査を加速することによって行われます。

この部門は日本及び海外の独占禁止規制承認を経て来年1月4日ベーンに移転する予定だ。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

声明の中で、Olympusは、Bainへの移転は、市場のニーズに応じて、より機敏で柔軟な意思決定によってビジネスが成長できるようにする最善の利益になると述べました。

ベーンは、カーライルグループ(CG.O)やKKR&Co(KKR.N)などのグローバルプライベートエクイティファンド会社を買収したと直接知識がある人々が語った。 もっと読む

プライベートエクイティは世界3位の経済大国である日本をターゲットにしている。

ベーンはフラッシュメモリチップメーカーのKioxia Holdings Corpを所有しており、東芝(6502.T)の2次入札を行っています。

再整備の過程で、オリンパスは行動主義の投資家ValueAct Capitalを取締役会に招待し、いくつかの海外医療機器会社を買収し、長い間赤字であったデジタルカメラ事業を売却しました。

2019年初めに構造調整を開始した後、株価はほぼ3倍近く走った。

100年以上前に国内顕微鏡メーカーで始まったオリンパスは、収益性があったにもかかわらず、潜在的な販売のために4月にその装置を噴射しました。

6月末までに資産が1,650億円の当部門は、現在の会計年度に265億円の営業利益を予想しています。

($1=138.7400円)

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

山崎真紀子の報告。 Christopher CushingとClarence Fernandezによる編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  日本、国民の情熱、野球金メダル獲得

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close