日本オリンピックと世界チャンピオンの室伏高地は、父親の影響を受けてキャリア後のオプションを検討しました。

Estimated read time 1 min read

シンガポール – 室府市告知は、幼い頃に大学教授になる前、1972年、1976年、1984年にオリンピックに出場したハンマー投げ選手である父の重信を尊敬しました。

日本選手が学業を続けながら、2004年アテネオリンピックでハンマー投げで金メダルを獲得しながら自然に彼の足跡に従うことになりました。

母がルーマニア人である室福市は結局、2007年に生体力学博士号を取得しました。

2011年大邱世界選手権金メダル、2012年ロンドンオリンピック銅メダルを獲得した後、2016年引退した。

「父親はスポーツのキャリアがいつ終わるのか、怪我をして継続できなくなるのかは決してわからない」と彼は語った。 2月26日日本協会で招待講師として活動しました。

「キャリアの後に何をしたいかを選択できることをお勧めします。」

現在49歳の室府市は日本スポーツ庁局長だ。 彼は運動選手が自分の経験を通して学び、スポーツの後のキャリアについてもっと早く考えることができることを願っています。

彼はこう言いました。 「私は選手の生活を終えた後、将来何をしたいのか考えていませんでした。 終わる前にもう決めました。 私のキャリアはいつか終わり、将来について考えずに訓練を続けることができないという事実を直視しなければなりませんでした。

彼の決定は結実を結び、東京オリンピック組織委員会のスポーツディレクター職を務めることになりました。

多くの運動選手のように、彼もスポーツのキャリアと教育のバランスをとるのが難しいことがわかりましたが、将来のための運動選手の道を計画するにはこれが不可欠だと言いました。

「もちろん(ハンマー投手として)することに集中しなければなりませんでしたが、新しいことを学ぶ時間も作りました」と彼は言いました。

「学校に行かずに訓練に専念すべきだと思う運動選手がいます。 しかし、いいえ、違います。 両方に集中できます。

「1日24時間にわたって訓練を行うことはできません。時間をどのように管理するか、そしてそうすることができるように周辺の良いサポートがあるかによって異なります。」

READ  Japan B. League、TapDMVを通じて、フィリピンで放送
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours