日本オリンピックチームが赤外線写真をブロックする制服を着用

1 min read

2023年9月、オリンピック予選大会で競う日本バレーボール選手たちは、密かに近づく人々を防ぐために新しい制服を着ることになります。
デビッド・マルイル、アナドル/ゲッティイメージズ

  • 日本オリンピック代表チームはパリオリンピックで赤外線遮断制服を着用する予定だ。
  • 水野は運動選手の違法撮影を根絶するために制服をデザインしました。
  • 写真公開に対する不満が、このような特化した生地の開発につながりました。

今夏のパリオリンピックには全く新しい革新が導入されます。 赤外線カメラがあっても中を見ることができない制服です。

日本のバレーボール、陸上、卓球などのチームは赤外線を吸収する最先端の新素材で作られた制服を着ることになり、これにより赤外線カメラが選手の下着やその下の身体を見ることができなくなります。 ル・モンドが初めて報じた。

日本のスポーツ機器会社である水野(Mizuno)は、ポルノウェブサイトで運動選手の毀損された写真を作成し、流布する観音症の傾向に対処するために特別に衣装をデザインしました。 水野は報道資料でこう語った。

水野開発チームで働く和也田島はル・モンドに「最高の運動選手たちがこの素材を使用することで社会で観音症が容認できないという事実を知ることを望む」とし「カメラがますます洗練されている」と付け加えた。

この生地は、赤外線範囲の光を生地自体の構成に吸収する特殊素材を使用し、可視光と赤外線の両方で生地を「ほぼ完全に不透明」にすることを Mizuno 氏は説明しています. そして水野氏は、「違法な赤外線写真撮影の犠牲者となる運動選手の数を減らすのに役立ちます」と言います。

技術開発は、2020年の選手たちが性的内容が露骨に書かれたキャプションとともにソーシャルメディアに共有された自分の写真を公開したことについて日本オリンピック委員会に不満を提起した後に始まりました。 ジャパンタイムズが報道した。

最近では、この傾向はより注目を集めていますが、実際には新しいものではありません。

ル・モンド氏は、2008年に北京オリンピックと2012年にロンドンオリンピックに出場した日本バドミントン国家代表チームの選手である梨子翔太が、自身の胸と下半身の写真がオンラインで流布され、被害を受けたと報じた。

ル・モンド(Le Monde)によると、日本の体操選手の鳩山愛理(Airi Hatakeyama)も未成年であった時から、自分の卑猥な写真を性的対象にして人々の標的になったそうです。

観音症を患っている人の中には、その行為にも摘発された人もいます。 2023年には京都で行われたランニング競技で女子選手たちの下半身を撮影した容疑でした男性が起訴され、2021年東京オリンピックを控えてポルノウェブサイトに女子バレーボール選手の赤外線写真を販売した容疑で別の男性が逮捕なったとルモンドは報道した。 。

READ  ゲームパパ活用! ? Apexとスプラトーン2などの人気ゲームを一緒にプレイしてお金を得ることができる "GameRoom」がβ版リリース! - funglr Games
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours