トップニュース

日本オリンピック金メダリストの阿部宇太が52kg級国際大会で優勝した。

日本東京オリンピック柔道金メダリストの阿部宇太が去る金曜日ザグレブグランプリ女子52kg級で優勝し、昨年夏オリンピック以来初めて国際舞台に復帰した。

安倍は22歳になってから1日で5勝1敗で東京オリンピック48kg級優勝者のコソボのディストリア・クラスニッチと決勝戦で勝利した。 安倍は大きなアウタードロップとつながったマットホールドで得点した2つのワザリを通じてイッポンに勝利しました。

日本の阿部宇太(左から2番目)が2022年7月15日クロアチアザグレブで開かれたザグレブグランプリで柔道52kg金メダルと共にポーズを取っている。 (写真提供=国際誘導連盟)(刑務所)

安倍は昨年秋の両肩手術を受けて半年の間運動を休んだ。 彼女は4月に国内活動に復帰したが、安全予防措置のために一試合で勝利した後、棄権した。

彼女の同胞であるワカナ・コガも女子48kg級で優勝し、Genki Kogaは男子60kg級で3位を獲得しました。

READ  NHK BS1「佐藤琢磨の栄光再び! 世界最速のレースインディ500」[F1-Gate.com]

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close