日本カップ:アルピニスタ球団主Kirsten Rausing、「世界チャンピオン」の雌馬のための別れの旅を検討レーシングニュース

1 min read

救い主Kirsten RausingはArcの勝利者AlpinistaのためのJapan Cupの別れの賛否両論を「考慮」しています。

5歳の少年は、10月上旬にパリのLongchampハイライトでVadeniを半分の長さにしたときに6つの連続優勝を獲得し、そのうち6つはグループ1レベルにありました。

RausingとトレーナーのMark Prescottが11月27日に東京で最後のサイコロを投げることにした場合、人気の灰色が再び家に帰ると、300万ドルのボーナスを得ることができます。

しかし、Rausingは彼女のスターママが日本で若干のトッピングを占めると思いますが、長い旅と「もう彼女に尋ねる」を消すことは情熱を和らげています。

彼女は次のように述べています。ヨーロッパ人はかなり長い間そこに勝つことができませんでした。

ビデオ:
ルーク・モリスは、アルピニスタがアークの前でラインを越えたときにお祝いします。

「彼女は彼女がそこで会う可能性があるしっかりした歩みに感謝し、すべての既知の形で優勝する可能性が高いです。

「しかし、考慮すべき他の要素がたくさんあります。特にフランクフルトでのリロードを必要とする非常に長い旅です。直行便という印象を受けましたが、空港で少なくとも6時間を過ごさなければなりませんでした。長い旅をもっと長くするフランクフルト空港。

「彼女は現在世界チャンピオンの年齢が多い雌馬です。日本に勝つかどうかにかかわらず、私は彼女に勝つことができるものを見ることはできません。

イギリスの騎手ルーク・モリスがカタール・グランプリで優勝した後、アルピニスタと一緒にポーズを取っている。 改善文
ビデオ:
モリスはパリのロングシャムでアルピニスタと一緒にポーズをとっている。

「その観点から見ると、彼女の名声はすでにそこにあり、彼女はすでに世界チャンピオンであり、10回のレースで優勝し、6つのグループ1レースで優勝しました。私に尋ねたくありません。彼女はそうしました。

「マーク卿ははっきり日本に行きたくなるようですが、私は考えています。」

Alpinistaは年末にRausingのbroodmareバンドに参加し、所有者は彼女が証明するものは何も残っていないと思います。

彼女はまた「彼女は世界最高に勝った。 [in the Arc]そして彼女は昨年の勝者に敗れた。 [Torquator Tasso] そしてその形は非常にうまく機能し、彼女は以前ヨーロッパで最も優れた馬に順番に勝ったVadeniに勝った。

「だから彼女は証明することがほとんど残っておらず、彼女と彼女の後ろのチームに非常に感謝し、個人的に私たちと一緒にしてとても幸せです。」

READ  アメリカ、日本7-1を破った女子ホッケー世界選手権大会が開幕スポーツ
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours