日本ガチャカプセルトイ事業ブーム… 海外進出の狙い

1 min read

日本のカプセルトイ産業は、国内で新たなブームを起こし、スーパーマーケットの一隅で大きく発展してきました。

これは、プロのカプセルトイストアがさまざまな層の新しい顧客を引き付ける一方で、ファンデミック期間中の何年もの間、業界が膨大な成長を遂げたことによるものです。

日本のおもちゃ協会は2022年度にカプセル玩具市場規模が610億円(3億7,900万ドル)に達すると推定したが、これは1年間で35.6%成長した数値であり、今後も増加し続けると予想しています。

おもちゃメーカーYell Co.のDaisuke Morikuni(左)とYuri Yanataが2024年6月17日、東京本社で会社のカプセル玩具を持っている。

「まだ日本市場で2年ほど余裕があるようですが、ショッピングセンターにどれだけの店舗を開いて新しい事業を誘致できるかという物理的な限界があります」 オリジナルキャラクターデザイン制作に注力するおもちゃおよび商品メーカーであるYell Co.のカプセル玩具部署長である大輔森国の言葉だ。

業界関係者たちは、今年の夏に約60のおもちゃメーカーで毎月約600~700の製品シリーズを発売する予定だと伝えました。

アニメキャラクターのようなライセンスフィギュアは収益性が高いが、海外で販売するには法的に面倒な産業で、Yellは台湾や韓国などのアジア市場に進出しており、これには祈る動物のおもちゃという見出しのスイートが含まれています。 海外のお客様はカプセルおもちゃの販売の約10%を占めています。

日本のカプセルのおもちゃは、一般的に顧客が数百円を入れて、ハンドルを回して商品を取り出すアナログスタイルのディスペンサーを通して購入します。 このおもちゃは、ガチャガチャやガシャポンなどの名前で知られています。 これは、ノブを回す音とカプセルが落ちたときに、私は愚かな音を意味する擬声語です。

タカラトミーとしてよく知られているトミーサはバンダイ社と共にこの市場の二大企業の一つであり、今日のディスペンサーの先駆者は1965年ペニーセールス社がアメリカから初めて輸入したとします。

写真は、2024年6月17日に東京でおもちゃメーカーYell Co.の祈る動物カプセル玩具を示しています。 (刑務所通信)

バンダイの真の革新は1983年にありました。 当時アニメとマンガ「筋肉マン」の筋肉質キャラクターの形の消しゴムが子供たちの間で熱風を起こし、当時バンダイがこのおもちゃを1億8千万個も販売しました。

今日、市場は地元の生産品、洗濯洗剤、お菓子袋などの日常生活用品の小型化されたバージョンを含むように多様化されており、これは大人の女性に人気があることが証明されています。

カプセルトイ店舗チェーンであるガシャココを運営するハピネットコーポレーションが4月に行った消費者調査によると、20~30代女性の半分以上が成人になった後、少なくとも1つのカプセルトイを購入したことがわかりました。

「日本の子供の人口が減少するにつれて、過去10年間、製造業者は大人を念頭に置いてカプセルトイに転換しました。」 日本カプセルトイ協会理事であり、ドリームカプセル店舗チェーンを運営するドリームカプセル株式会社の社長であるゆすけつづきの言葉だ。

現在、彼の会社は全国に約50店舗を運営していますが、ファンデミック以前はチェーン店が約10店舗でした。

都筑のような店舗チェーンは、ショッピングモールの店舗がコロナのために空のおかげで部分的に拡大することができたと彼は言った。 ほとんどがアナログ自動販売機で満たされているが、従業員をほとんど雇用しなくても運営できたからだ。

「カプセルトイは以前は街角、スーパーマーケットの中にありましたが、専門店ができて100個ほどのカプセルトイオプションを一箇所に置くことが転換率を改善することがわかりました。つまり、誰かが何かを買う可能性がどれくらいになるかです」 輸出業者Hobico Ltd.の吉彦高橋が言いました。

国内でカプセルのおもちゃが人気を得て高橋のような起業家は海外でも新しい市場を開拓したいと思います。

元金属商人はドバイに注目しています。 中東は日本商品の豊富な市場だからです。 高橋はサウジアラビアが世界初の「ドラゴンボール」テーマパークを誘致するという最近のニュースを引用しました。

Hobico Ltd.のYoshihiko Takahashiが、2023年12月10日にアラブ首長国連邦ドバイで開催されたJapan Festivalでカプセルトイディスペンサーと一緒にポーズをとっています。 (写真提供:Yoshihiko Takahashi)(刑務所)

これまで、高橋の会社は湾岸シティにある6つの和食レストランにおもちゃ機械を設置し、子供の昼食のための商品を提供することに成功しました。 彼は、カプセルを海外企業が日本酒などのより高価な品目を輸入することに関心を持たせる安価な裏口製品として見ています。

彼はまた、日本空港のカプセルトイバンクでヒントを得て空港に事業を拡大する計画だ。

実際、カプセルトイドは2024年に日本のインバウンド観光がもたらす恩恵では例外ではなく、過去3ヶ月間毎月300万人を超える訪問者が入国し、日本は観光産業において歴代最高の一年を過ごすと予想されます。

観光スポットであり、東京の象徴である渋谷スクランブル交差点を見下ろすDream CapsuleのMagnet by Shibuya109支店では、ここを訪れる顧客の約70%が外国人観光客だと会社側は明らかにしました。

刑務所通信が訪れた日、観光客と地域住民がカプセルバンクを見回していたし、一部はソーシャルメディアに購入した姿を映像で撮影したり、ある愛好家はスマートフォンの懐中電灯を使ってディスペンサーに自分がまだ見つからなかったおもちゃがあるか確認する様子が捉えられました。

写真は、2024年6月14日、東京のDream CapsuleのMagnet by Shibuya109支店にあるカプセルディスペンサーのラインを示しています。 (刑務所通信)

マネージャーのセンショスケ氏は、外国の顧客は、特に「呪術回転」や「帰滅の刃」などの大ヒットシリーズのアニメフィギュアや円安のため、高価な「プレミアム」カプセルのおもちゃに興味があると述べた。

スウェーデン出身の43歳のセシリア・マルティネスは、夫と二人の幼い息子と一緒に買い物に行きましたが、カプセルトイを初めて発見したのは日本を訪れた時だったと話しました。 彼女は「可愛さに魅了された。人形もあり、キーホルダーもあり、バッグもあって…でも、私の子供たちは私ほど興味がないです。私の世代のようです」と話しました。

Yellの森国は、おもちゃの軽い性質が大人にアピールするための重要な要因であると考えていると述べた。 「彼らのイメージは、人々に少しの喜びと楽しさを与える手頃なおもちゃです」。

「それは日本を訪れる人にとっても強力な魅力です。必ずしも彼らが本当に望むわけではありませんが、彼らはある程度興味があります…それが私たちがおもちゃについて考える方法です。です。」


関連プレス:

東京相撲夏大会でのみ販売されるカプセルトイ、大人気を獲得


READ  日本は小売投資家に対する税金を引き上げてはならない
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours