トップニュース

日本キオキシア、市場低迷の中で新しいメモリーファブオープン

東京 – 日本のチップメーカーであるKioxia Holdingsが、水曜日1兆円(67億9000万ドル)規模の新しいフラッシュメモリーファブをオープンしました。

三重県四日市工場の7番目の製造施設であるFab7は4月に1段階建設を完了し、装備が導入されると今秋末に本格稼働する予定です。

READ  オンラインカジノゲームをプレイする利点

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close