日本キオキシア、2工場でウエハ開始生産量30%減少

1 min read

東京、9月30日(ロイター) – 日本キオクシア(Kioxia Corp)が10月からヨッカイチ(Yokkaiichi)と北上(Kitakami)フラッシュメモリ工場でウエハ開始生産量を約30%減らすと金曜日明らかにした。

同社は声明を通じて「必要に応じて運営を検討し、調整し続ける」とし「フラッシュメモリ市場の中長期成長の見通しに自信を示した」と述べた。

競合他社のメモリチップメーカーであるミクロンテクノロジー(Micron Technology、MU.O)は、木曜日のPCとスマートフォンの需要減少で投資計画を30%削減し、新しい会計年度に製造投資を50%削減すると明らかにした。 もっと読む

電子機器のグローバル需要の弱体化が日本を襲っている。 政府は8月、電子部品の生産が前月比6.3%減少したと明らかにした。 もっと読む

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

Kantaro KomiyaとDaniel Leussinkによる報告。 キム・チャンラン、ジェイソン・ニーリー編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  中国、日本の水放出計画を批判
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours