日本ゲーム、地方政府負担。 根本的な改革は可能ですか?

1 min read
読売新聞資料写真
2023年全国体戦開幕式で両選手が選手宣誓をしている。

毎年、各県で交互に開催される総合スポーツイベントであるジャパンゲームは重要な道に立っています。 主催側の日本スポーツ協会(JSPO)は、6月5日オリンピックの根本的な改革を議論するために専門家パネルを構成することに決めました。 今回の会談では、長い間問題とされていた自治体の負担をどのように減らすかが集中的に議論される予定だ。

日本体育大会の全身である全国体戦は1946年から始まり、ほぼ毎年開催されており、主要秋大会と冬季大会には40種目、計27,000人が参加した。 秋大会開催地は47県で交互に開催され、2034年沖縄大会が2次開催を締め切ります。

全国体育大会は、日本語で「国分台北大会」と呼ばれており、一般的に国立台と略されています。 しかし、日本の名前には「スポーツ」という言葉は含まれていません。 太極拳は体育を意味し、精神と技術、身体的能力が適切に組み合わせられた個人を育成するという点で依然として教育的側面のヒントが残っていました。

しかし、時代が変わり、人々の価値観も変わり、スポーツの純粋な価値を世界中の人々と共有するために、「太極」は世界中で一般的な「スポーツ」という言葉に置き換えられました。 今年から日本名を国民スポーツ大海(Kokumin Sports Taikai)に、略語は国クスポ(Koku-Supo)に変更しました。 英文名がJapan Gamesに変更されました。

戦後復興期に始まった日本大会は47都道府県を循環し、全国のスポーツ施設の発展を促進しました。 その結果、日本のスポーツ普及と振興、運動能力の向上に大きく寄与した。

日本大会は、大会に合わせて「国際道路」を建設するなど、地域生活や産業に関わるインフラの開発にも重要な役割を果たしてきました。

しかし、県が2番目のホスティングを開始したとき、一部の施設は老朽化のために改造を必要とし、他のホストは新しい施設を建設する必要がありました。 ホスト地方自治体は、財政および運営負担の増加について不平を言い始めました。

問題は1990年代に明らかになり、2003年にJSPOは運用の簡素化に焦点を当てたゲーム改革計画を策定しました。 この計画により、JSPOは2006年夏と秋の行事を一元化し、2008年には参加者数を15%減らすことにした。

しかし、こうした変化にもかかわらず、自治体が集会主催を負担しているという事実は変えられなかった。

状況に失望したように全国知事協会(NGA)会長の村井吉宏宮城県知事は今回の行事を批判した。 今年4月の定期記者会見で、ムライ首相は日本大会が現政府に大きな財政的負担だと述べた。

「ゲームの廃止は、考慮すべき措置の1つです。 今の方式が正しいのか止まって考えてみる必要がある」と村井は言った。

彼の断固たる発言は全国各地で支持された。

吉村広文大阪府知事は「ジャパンゲームは地域ブロックの協力を受け、数年に1回ずつ開催すればいい」と話した。 服部誠太郎福岡県知事は「オリンピックは健康増進とインフラ開発に重要な役割を果たしたが、開幕式規模と関連スポーツ数を減らすことも考慮しなければならない」と話した。

自治体の間では不満が多いが、大会を開催すれば地域に利益になるのも事実だ。 2022年冬季オリンピックと推計主要大会を開催した栃木県は全国障害人体戦を含めて合計828億円を支出し、1183億円の経済的波及効果もおさめた。 このため、すべての知事がオリンピック廃止を好むわけではありません。

佐竹紀久秋田県知事は「明らかに負担はされるが選手たちに動機を与えるだろう」と話した。 この問題を慎重に議論しなければならない」と話した。 山形県知事吉村美恵子(Mieko Yoshimura)は次のように語りました。 「日本大会は持続可能なイベントとして開催されなければなりません。 中央政府とJSPOなど誰が負担すべきか悩む必要がある」と話した。

道知事の懸念が深刻で専門家パネルが設置された。 ホスティング3サイクルが始まる2035年のための根本的な改革を議論する予定だ。 委員団は、自治体代表、体育団体代表、元運動選手など20~30人で構成される。

日本オリンピックの見直しを促してきたNGAも今回の会談に参加してほしいという要請を受ける予定だ。 経済波及効果と地域活性化に精通した企業役員が委員長候補として取り上げられている。

遠藤豊明元オリンピック長官兼JSPO会長は6月5日の記者会見で「一部の人々が日本大会を廃止しなければならないと考えるのは当然だ」とし「個人的には非常に肯定的な影響を及ぼしたと思う」と話した。 「と付け加え、今後もオリンピックを続けていきたいという意を表した。

JSPOのこの動きについて、Muraiは次のように述べています。 日本オリンピック廃止は考慮しないだろう」

横山勝彦東芝大学スポーツ政策学科教授は「JSPOが日本大会を歴史的背景と地方自治体の財政状況に合わせて再評価し、新しい日本大会の価値を見せなければ理解が得られない」と話した。 」

JSPOは2次誘致まで10年が残った状況で今回が改革の最後の機会だと見ている。 JSPOはどのように地方政府の財政的負担を減らし、持続可能なイベントの開催方法を考案できますか? 今回の議論を通じて、全国民が合意できる結論を下さなければならない。

政治的パルスは毎週土曜日に現れる。


マンションを維持

近藤悠二は読売新聞スポーツ部の選任記者だ。


READ  'Attack‌ ‌on‌ ‌Titan‌' ‌Season 4 Part 2 Episode 5 release date, time, trailer, and plot for “From You, 2,000 Years Ago"
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours