日本ゲームズ – 北朝鮮冬季オリンピック要請のレビュー

1 min read

12月1日(ロイター) – 冬季アジアゲーム主催側は現在、北朝鮮国民の日本入国が禁止されることで来年に北朝鮮選手団の札幌大会参加を許可してほしいという北朝鮮の申請を検討している。 北朝鮮が男子ショートトラックと男女フィギュアスケート種目に出場登録を申請したと組織委員会が刑務所通信に明らかにした。 日本は第4次核実験と長距離弾道ミサイルロケット発射以来、今年初めに北朝鮮住民の入国を禁止し、オリンピック主催側は北朝鮮の要請に対するアドバイスを待っています。 組織委関係者は「体育振興院など関連機関と対応を議論中」と話した。 2月19日から26日まで開かれる第8回オリンピックのため、大陸全域で約2,300人の選手団と関係者が日本を訪問する予定です。 関係者は「政府の決定を求めたい」とし「種目数が制限されていて(選手)数は多くない」と付け加えた。 禁止令にもかかわらず、東京は北朝鮮の女子サッカー代表チームが2月に大阪で開催されるオリンピック予選の試合を行うことを許可しました。 (ベンガロールのDebanjan Bose記者、ジョンO'Brien編集)

READ  日本保険会社、再保険会社とロシア海域保険再開の議論
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours