日本コインチェック、10億ドル以上のSPAC合併を通じてナスダックに上場

Estimated read time 1 min read

日本暗号通貨取引所 Coincheck Inc, 米国上場予定

日本の暗号通貨取引所コインチェック(Coincheck Inc.)が3月22日、白紙小切手会社のサンダーブリッジキャピタルパートナーズIV(Thunder Bridge Capital Partners IV Inc)と12億5000万ドル規模の買収合併を通じて米国に上場すると明らかにした。 。

この取引は、返済がないという仮定の下で、特別目的買収会社(SPAC)の信託に保持されている現金で結合された会社に2億3,700万ドルの収益を提供します。

東京に拠点を置くCoincheckは、暗号通貨を売買する市場や代替不可能なトークンなどのデジタル資産の交換を運営しています。 約150万人の顧客がいます。

同社は2018年に5億3,000万ドル規模のデジタルマネー強盗事件の中心にありました。 これにより、より厳しい規制調査が促進され、暗号通貨取引所のリスク管理インフラの改善が求められました。

同年末、日本のオンラインブローカーであるMonex Group Incに約3,400万ドルで買収され、当時Coincheckの初期公募を開始する計画だと明らかにしました。

Monexは、合併後の合併会社の約82%の予備所有権を持ちます。 取引に応じて、既存のCoincheck投資家は将来の株価パフォーマンスに基づいて最大5000万株を受け取ることができます。

Coincheck Group NVと名付けられる結合された団体は「CNCK」の記号としてナスダックに上場します。 取引は今年下半期に終わると予想される。

SPACは、後で民間企業を買収するための資金を調達するためにIPOを実行する公開上場シェル会社です。

READ  日本、低投票率で選挙運動に麺無料を提供日本
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours