トップニュース

日本コロナ19集団免疫90%近くオミクロン波動 – 研究

2022年7月28日、日本東京でコロナウイルス感染症(COVID-19)感染症が発生した渋谷ショッピングやナイトライフで保護用フェイスマスクを着用した行人が街を歩いています。 REUTERS/Issei Kato。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

東京、9月27日(ロイター) – 近年オミクロン波動以来、主要人口地域でコロナ19に対する日本の人口レベルの免疫力が約90%に達したが、その保護レベルは数ヶ月以内に減少する可能性があるという研究結果が出てきた。 火曜日に公開されました。

日本で人口が最も多い12の都道府県の水準を推定した東京政策研究財団(Tokyo Foundation of Policy Research)によると、いわゆる「集団免疫」レベルは、自然感染とワクチン接種の両方から与えられた部分的保護を反映しています。

東京、大阪、沖縄南部の人々は、特に先月に頂点に達した7次感染の波が発生した地域で高い事例が発生する中で感染を通じてほとんどの免疫を得たと研究者らは明らかにしました。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

政府データによると、日本人口の約65%が少なくとも1回のコロナ19ワクチン追加接種を受けたのに対し、米国は約33%です。

日本は先週、ウイルスのオミクロン変異体を標的とするブースター注射の導入を開始しました。

日本は現在ブースター接種のために5ヶ月間隔を要求していますが、年内に8次の流行が予想される場合、高齢者や脆弱層を保護するには長すぎる可能性があると研究者たちは書いています。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

Rocky Swiftの報告。 ジェイソン・ニーリー編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  バンクーバーで日本人留学生殺害で有罪判決を受けた男性のための新しい試みコマンド

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close