日本サッカー競技で雷が当たって18人の病院に移送

Estimated read time 0 min read

日本南西部のある高校運動場でサッカー競技中に雷が落ち、2人が重態に陥り、16人が病院に移送されたと、現地当局が水曜日に明らかにした。

警察はこの日午後2時30分頃に宮崎保正高校で発生した事件以後、活力の兆候を見せない被害者2人が申告されたと明らかにした。

当時、該当学校の学生と熊本県加本高校の学生たちが練習試合をしていたし、後者の学校はサッカ​​ーチーム選手4人が病院に移送されたと明らかにしました。

日本気象庁は、日本南西九州地域の上空に暖かく湿った空気が電線と低気圧の方に流入し、雷が打つ理想的な条件を備えていると明らかにした。

火曜日から宮崎には雷雨注意報が発効しました。

READ  公務員に冬のボーナス、公務員の平均約65万円、3年連続で減少 - NHK NEWS WEB
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours