日本サントリーホールディングスが5億ドル規模の債券を売却

1 min read

Suntory Holdingsは、CEO Niinami TakeshiがBoston Beerへの投資を拒否するにつれて、負債の返済を含む一般的な企業目的に資金を調達するために5億ドルの債券価格を設定しました。

上場企業は通常、事業を維持し、製品ラインを拡大し、新しい支店を開設するため、または事業拡大プロジェクトに資金を調達するために資本を調達するために債券を発行します。

日本のウイスキーブランドであるヤマザキとヒビキはもちろん、BourbonブランドのJim BeamとMaker's Markを担当しているこのウイスキーメーカーは、今年、米国の通貨債券市場に進出できる少数の非金融日本企業の一つです。

5億ドル券は5年満期の国債で発行され、中期債券となった。

円は1990年以来ドルに対して最も弱い。 その結果、今年の日本の海外債券の販売は、国内通貨ベースで借入費用が急増し、下落傾向を示した。

匿名を要請したこの問題に精通した関係者によると、サントリーの5年満期債権から発生した収益金は、負債返済を含む一般的な企業目的に使用されると述べています。 Suntoryは、10月に満期が到来する米ドル5億ドル規模の債券を保有しているそうです。 ロイターこの話が初めて出版されたところです。

日本の人口減少により、会社が海外に関心を向けると推測された。 新井武志CEOはこう語った。 ブルームバーグ 今朝は「日本の人口減少のために、私たちがここに滞在したい気持ちが本当に崩れています」と話しました。

しかし、ニイナミは、同社がサムエル・アダムスブランドの米国ビール醸造会社であるボストンビール株式会社を買収するために交渉中であるとの主張を否定した。 実際、先週末に潜在的な買収についての話が出た後、NinainamiはBloombergに「私たちはBoston Beerとの交渉はありません」と言いました。

彼は日本が会社の主な焦点であると主張し、日本の消費が「現在の弱さ」であるにもかかわらず、新製品の革新は年をとり、豊かな消費者を魅了する鍵であると述べた。

新波は日本の賃金引き上げについて次のように語った。 [them] 労働力が非常に不足しているため、企業は賃金を引き上げなければなりません。 そうしないと、労働力を確保できません。」

しかしサントリー社長は自身は「楽観的」とし、今後日本の経済状況を「感激」と表現した。

READ  システム管理の欠陥を認めるMizuho
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours