日本シンプレックス、帳簿価額以下の株式に焦点を当てた初のETFを発売

1 min read

東京:日本シンプレックス資産運用(Simplex Asset Management)は、日本市場をさらっている企業改革の波に対する露出需要を反映し、帳簿価値以下の株式を狙った最初の等低評価された株式に焦点を合わせた上場指数ファンドを発売することを明らかにしました。

今年日本日経指数は世界証券市場の13%上昇に比べて24%上昇し、脆弱な貸借対照表を強化する努力が自社株買いと価格上昇を主導し、外国人は約7兆7000億円(530億ドル)を市場にこぼれました。 。

長年にわたり、習慣的に保守的な経営と相互出資の増加により、多くの企業が負債を差し引いた資産価値以下で取引するようになりました。 Simplexによると、Topix 500の一部の189社は帳簿価額以下で取引されており、S&P 500の17社はこれに比べて低水準です。

このような企業の資本効率を改善するための東京証券取引所の稀な要請は、投資家が数十年間の低調な業績以来価値を創出することに真剣であるという信号として受け入れたため、最近の上昇傾向の一部の後ろにあります。

このファンドは来週リリースされ、多くの投資家が最も可能性が高いと見られる市場分野に焦点を当てています。 ファンドの1つであるSimpplex PBR Improvement over 1x ETFには、帳簿価値の平均0.7倍に相当する約500株が含まれています。

もう1つのファンドであるSimplex Strg Shareholding Disposal Promotion ETFには、資本管理の変化の推進の一環として調査を受けている日本の一般的な慣行である相互出資Webを備えた約200社が含まれています。

シンプレックス資産運用の水島広政最高経営者(CEO)は「こうしたファンドを発売する時となった」と話した。

「私たちは、低評価の企業を変える市場の大きな変化の可能性を見ています。」

このファンドは日本初のファンドであり、東京証券取引所は最近、指数を追跡するのではなく、特定の株式を保持する積極的に管理されたETFを許可しました。

Simplexはまた、経営陣の給与が企業のパフォーマンスに関連する株式に焦点を当てた3番目のETFをリリースしました。

($1 = 146.2300円)

READ  黒田はイエスに行けません。 彼は試すべきですか?
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours