日本スケートボーディング青少年、街文化をオリンピック金メダルに変える

1 min read

日本の小野寺ジヌがパリオリンピック日本スケートボードチームに抜擢された(王子王)

日本ではスケートボーディングが犯罪者たちが楽しむ娯楽だと思いましたが、この国はこのスポーツで世界的な強国に成長しており、今月開かれるパリオリンピックで優位を占めるものと期待されます。

日本全域のスケートパークでは、6歳しかない子どもが傾斜路を登り、レールに沿って滑るように動く姿を見ることができ、講師がトリックを教える間、両親は近くで忍耐強く待ちます。

スケートボードの元のストリート文化イメージとは距離が遠いが、眩しい成果を収めている。 3年前、東京オリンピックで初めて開催されたこのスポーツで、日本は4つの金メダルのうち3つを獲得した。

国家代表チーム監督の早川大輔は、AFPに日本のスケーター数がそれ以来3倍に増えたと話し、彼のチームがパリオリンピックでより良い成績を収めることができると信じていると述べた。

彼は、他のすべての人にとって不吉な兆候で、今後も長年にわたって着実に才能のある人材を排出するだろうと述べました。

「子供たちが授業を受けることになりました」と50歳の彼は言った。

「両親は子供たちにスケートボードに乗らないように言いました。今、両親は子供たちをスケートパークに連れて行きます。靴やボードが古くなると新しいものを買います。

彼は「非常に多くの人が支持するスポーツになりました」と付け加えた。

早川は2022年に開場する東京スケートパークで演説したが、このパークはオリンピック以後に生まれたいくつかのスケートパークの一つです。

過酷な夏の暑さにもかかわらず、若者と高齢者の両方がスケーターを練習する姿を見ると、車輪がコンクリートにぶつかる音と木が金属に傷つく音が空中に巻き込まれる。

「オリンピックのためにすべてが完全に変わりました。大きな影響を受けました。」 9歳の息子のユヤがハーフパイプを恐れずに上り下りするのを見守る親のタクミ島ブクロは言った。

– 十代の反乱 –

国際大会では若いスケーターたちが優勝することが多いですが、東京オリンピックで日本メダルを獲得した選手たちの年齢はどんな基準で見ても注目を集めました。

ココナ・平木は12歳で女子パークの試合で銀メダルを獲得し、女子ストリート競技で金メダルを獲得したもみじ西谷は13歳でした。

日本は男神洞ジヌ・オノデラと女子ストリートスケーターココ吉沢という14歳の少年2人組で構成されたもう一つの新鋭選手団を率いてパリに向かいます。

早川は青少年たちの恐れのない態度が日本の東京オリンピックの成功に大きな影響を及ぼしたと信じる。

彼は「彼らはオリンピックの重要性を理解するには若すぎた」と述べた。

「彼らは、彼らが競争するステージがどれほど大きいのかよく分からなかったので、緊張しなかった」

パリ大会のための日本チームには6月、ブダペストで開かれた予選競技で優勝して席を占めた、昨年の優勝者である堀織優人も参加する予定だ。

25歳の彼は、以前の予選で失望した成績を収め、脱落直前だったが、重要な瞬間に最後までやった。

早川は堀尾めを日本の若い世代にインスピレーションを与える円路政治家として描写します。

早川は「彼はより高い目標を立て、国際大会に出場し、ますます進化し、世界最高のストリートスケーターとして認められた」と語った。

「ここの子どもたちがそれを見て『ゆとうができれば私たちもチャンスがあるだろう』と思ったんです」

-深さの強み-

ホリゴメはパリで自分のストリートタイトルを維持することにしましたが、彼はチームメイトと激しい競争をする必要があります。

そら白井は現世界チャンピオンであり、小野寺はブダペストで2位を占めました。 この大会の決勝進出者8人の半分が日本人でした。

代表チームの席をめぐって繰り広げられた競争が激すぎて世界の銀メダリストであるカイリ・ネツケは脱落した。

堀尾めは席を占めた後、「本当に国家を代表するような感じがします」と言いました。

「他の大会とは違います」

早川コーチは約40年前にスケートボードを始め、その間、街で始まったスケートボードがオリンピック種目に進化する様子を見守りました。

彼はパリの注目のおかげで、より多くの子供たちがスケートボーディングを学ぶことができれば幸せになると言い、日本が才能ある人材の温床として残ることができると信じている。

彼は「私たちは勤勉で多くの練習をしました」と言いました。

「私たちは競争に勝つための最良の方法について考えています。私たちは身体的にそれほど大きくないので、私たちの体の動きはスケートボードに適しています」

amk/dh/pst

READ  日本、北朝鮮を破ってオリンピックの金メダル目標
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours