スポーツ

日本スタートアップ、中国地理電気自動車で車両サービスを提供

杉山里

TOKYO (Reuters) – 木曜日、日本のバッテリースタートアップは、中国のGeely Auto Groupの電気自動車を使用した商用車のサービスを開始し、企業がカーボンフットプリントを減らすのを助けるために成長するサービス分野に参加することを明らかにしましたです。

横浜に拠点を置く3DOM Inc.は、2014年に設立された大学主導のベンチャーで、ユーザーが高い購入費用を避けるために、購読またはリースを通じてカーボンニュートラルEVサービスを提供すると述べた。

企業はカーボンフットプリントを減らすために投資家や国民からますます圧力を受けており、中国の自動車メーカーは比較的安価なバッテリー電気自動車を通じて日本市場をリードしています。

日本の屈指の配送会社であるSagawa Express Coは、今年7,200台の商業用ミニ車両をすべてGuangxi Automobile Groupが供給するEVに置き換え始める予定です。 別の会社であるSBS Holdingsは、Dongfeng Motorグループが製造した電気トラックを使用する予定です。

3DOMは、Geelyの軽商用車に電力を供給する電気が公益事業と協力して、風力やその他の環境にやさしい資源から生産されると述べた。 バンを借りるサービスの運営コストはガソリン車両に似ていると述べた。

3DOMは、車両が約7,500台で構成され、配信サービスやスーパーマーケットオペレーターを含む複数の企業がサービスを検討していると述べた。 詳しくは説明しませんでした。

日本の完成車メーカーの中で、三菱自動車(Mitsubishi Motors Corp)が郵便で電気自動車を提供し、豊田自動車(Toyota Motor)がコンビニエンスストア事業者と水素電気自動車の試験サービスを提供している。

(Satoshi Sugiyama、Shiraki Maki、編集キム・チャンラン、Richard Pullin)

READ  ブライトン、デニズ・ウンダブ、パラグアイの攻撃者フリオ・エンシソの獲得完了予定乗り換えセンターのお知らせ

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close