日本スタートアップ、次期グローバル映画ヒット作を探すために6,200万ドル投資

1 min read
  • 萩原由紀、キム・ソヒ/Bloomberg

黄金奨励賞を受賞したゴレエダ広和監督は、日本が韓国などの国々と世界中でよりよく競争できるように推進しようとする努力の一環として、日本映画産業の労働条件を根本的に改革するための資金募金活動を支援しています。 。

ベテランプロデューサー、紀元宗之、ゴレエダをはじめとする映画、アニメクリエイターグループが率いる東京ベースのスタートアップK2ピクチャーズは、年末まで国内外の投資家から100億円(米ドル6244万ドル)の資金調達を模索しています。 会社側は今年末だと明らかにした。

この資金は、財政的報酬を高め、多様性を確保することによって業界の労働者に対するインセンティブを向上させることを望んでいると、取締役は述べた。

写真:ロイター

日本映画が今年オスカー賞を受賞した「ゴジラマイナスワン」、「少年とワゴリ」など全世界的な成功を享受しているにもかかわらず、製作会社はその恩恵を享受できず、主要映画配給会社らのギリギリな予算制約の中で作業を続けている。

このファンドを通じて映画を監督する計画のゴレエダは「今日本文化ブームが起きており、上昇傾向に乗っているようです」と話しました。 「労働者が自分で食べて生きるのに十分なお金を稼ぐことができる環境を作ることも同様に重要です。」

2018年にShopliftersでカンヌ映画祭で最優秀賞を受賞し、最近では昨年ヒット作モンスターを製作したKoreedaは業界搾取に対抗して戦うことに声を出しました。

長時間労働、低賃金など過酷な環境のため、若者たちがこれ以上映画を職業として選択しなくなり、業界には「危機感」があるということだ。

K2ファンドは募金された資金を映画製作に投資する予定であり、制作が興行に成功すれば創作者とスタッフに最大30%の収益率を分けて支給する予定だ。

また、映画を上映し、しばしばリソースを制約するさまざまな利害関係者で構成される複雑な構造である制作委員会システムを使わずに映画を作ることを目指しています。

代わりに、このファンドはポートフォリオにさまざまなタイトルのコレクションを保持することで資金を調達し、映画制作のリスクを軽減します。 また、映画セット長の作業環境が国際標準に適合することを保証します。

ゴレエダと共に産業環境改善のために協力している深田浩二理事は、彼が下級職員だった時、時間当たり300円程度を受けたと述べました。

彼は今月初め、労働権集会で「人々は才能や努力ではなく貧困に耐えられるかどうかをテストされる」と話した。

2022年、映画「ブローカー」のために韓国のCJ ENMとともに働いたゴレエダは、この経験を通じて、政府規制と公共・民間部門の財政支援のおかげで、韓国が映画産業の労働条件をどのように改善できたかを示したと述べた。 。 。

政府が支援する映画振興委員会映画製作資本基金は2019年から昨年まで4300億ウォンを造成して280本の映画に投資したと協議会が明らかにした。

ファンドから投資を受けるスタジオは、勤務時間と賃金について厳格なガイドラインに従う必要があります。

日本の創作者たちは、潜在的な製作費の上昇をカバーするために、現地市場で発生するボックスオフィス収益の1%を新しく設立された映画組織に割り当てるために4つの主要企業と交渉しているとゴレエダは語った。

彼は、より厳しい労働基準を適用するには、生産コストを30〜50%引き上げる必要があると付け加えました。

彼は「外部資金を流入して全体のパイを増やすことができる長所があり、映画制作の風変わりな方法を見せることができる利点もあるだろう」と話した。 「そしてもう少しビジネス指向になるでしょう」

日本政府は、搾取事例を調査するために来年に業界調査を実施すると発表した。 傘下映画専門委員会も構成する計画だ。

ゴレエダは「これが一種の理想的な状態につながるとは思わないが、新しいものの始まりになると思う」と話した。

コメントが確認されます。 記事に関するコメントを維持してください。 悪口、わいせつな言語、あらゆる種類の人身攻撃、宣伝を含むコメントは削除され、ユーザーがブロックされます。 最終決定は台北タイムズの裁量に従います。

READ  日本のレトロなビデオゲームが世代間の復活を楽しんでいます。
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours