スポーツ

日本スバル、トヨタと一緒に開発した初の純粋な電気自動車を公開

2021年11月11日、日本の東京で開かれた公式イベントで初の純粋な電気自動車(EV)Solterraの隣に立っています。 この写真は京都が撮影したものです。 必須クレジット Kyodo/REUTERS経由

東京、11月11日(ロイター) – 日本のスバル(7270.T)が最大株主であるトヨタ自動車と2年にわたる共同開発プロジェクトの結果物である初の純粋電気自動車(EV)ソルテラを11日公開した。 (7203.T).

スポーツユーティリティ車両(SUV)の発売は、世界的に炭素排出量を減らすための環境規制が強化され、電気自動車の需要が急増する中で行われた。 トヨタは先月BEV(バッテリー電気自動車)バージョンのbZ4Xを発表した。

内燃機関から抜け出す技術転換は、高価なEV開発資金を調達できないSubaruのような小規模自動車メーカーに挑戦する課題となります。 同時に、トヨタのような上位完成車メーカーには、小さな競争相手をもっと近くに引き寄せる機会でもある。

中村智美スバル代表は、発売イベントで「EV市場はまだ成熟していない分、トヨタと協力を深めて対応する」と話した。

彼は現在ソルテラは日本でトヨタが生産し、スバルは販売量が足りると主要市場である米国に生産を移転すると述べた。

ハイブリッド電気自動車の先駆者であり、完全EV市場の後発走者であるトヨタは、2025年までに15のBEVモデルをラインナップする計画です。 また、自動車バッテリーの生産能力を拡大するため、今後10年間で135億ドルを支出する予定です。

スバルの車両販売量は生産量基準世界1位のトヨタの10分の1にもならない。

前輪駆動ソルテラは530km(329マイル)の巡航距離を持ち、前輪駆動バージョンは1回の充電で460kmを走行できるとスバルは報道資料で明らかにした。

トヨタはSubaruの5分の1を所有し、Mazda Motor Corp(7261.T)の株式の5%を保有しています。 Mazda Motor Corp(7261.T)は、トヨタ技術を統合するハイブリッドやBEVを含む2025年までに13台の電気自動車を発売する予定です。

ティム・ケリー(Tim Kelly)と真木白木(Maki Shiraki)の報告。 編集: Christian Schmollinger, Robert Birsel

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  矢野監督「競争勝てば1位佐藤輝明開幕スタメンも - プロ野球:日刊スポーツ

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close