トップニュース

日本スバル、初の電気自動車工場を建設

2017年10月25日、日本東京で開かれた第45回東京モーターショーでスバル株式会社のロゴが押された。 REUTERS/Toru Hanai

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

東京、5月12日(ロイター) – Subaru Corp(7270.T)は2020年代後半、日本に電気自動車専用工場を建設することを目指していると木曜日に明らかにした。 主要な北米市場でバッテリー自動車の急増する需要。

アウトバックのクロスオーバーで有名なSubaruは、長い間アメリカで強力な立場を維持してきました。

2025年頃、ガソリンと電気自動車の混合生産ラインを稼動し、2027年以降は新工場に電気自動車専用生産ラインをオープンする計画だ。 スバルとしては初めてあることだ。 他の日本の自動車会社はまだEV専用工場を建設する計画を公式に発表していません。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

日本の自動車メーカーは現在、自動車産業で最も急成長している部門のリーダーであるTesla Inc(TSLA.O)に失われた地盤を取り戻すためにEV生産に拍車をかけています。

中村友美スバル最高経営責任者(CEO)は、「EV市場は過去1年間で非常に急速に変化している。

電気化を強化するため、今後5年間で2,500億円(19億3,000万ドル)を投資する計画です。

中村は、新工場で生産された車両が海外に輸出されると述べ、生産能力とトヨタモーターコープ(7203.T)自動車を作るかどうかの詳細を明らかにすることを拒否しました。

今回の発表はスバルが日本トヨタと共同開発した初の量産型電気自動車ソルテラの受注を始めた日に出た。 しかし、スバルは自動車生産をトヨタにアウトソーシングし、トヨタも初のバッテリー電気自動車を発売した。 もっと読む

これとは別に、スバルは年間営業利益が12%減少した904億5000万円(7億100万ドル)を記録したと報告した。 4月に始まった今回の会計年度の営業利益は2000億円で、直前年度の2倍を超えると見込んだ。

($1 = 129.0300円)

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

杉山さとしの報告 デビッドドランとエドムントクラマン編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  福士蒼汰最初の医師役テレビ東京21年1月に「神のカルテ」異例の1回2時間前4話(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close