日本スペースワンカイロスロケット、初飛行中爆発

Estimated read time 1 min read

日本のスペースワン(Space One)の小型固体燃料カイロス(Kairos)ロケットは、衛星を軌道に進入させる日本初の会社になりようと水曜日初発射直後に爆発しました。

18メートル(59フィート)の長さの4段固体燃料ロケットは、午前11時1分(0201 GMT)直後に離陸してから数秒で爆発し、大きな煙の雲、火、ロケットの破片、消防用水スプレーを残しました。 発射台近く、日本西部の紀伊半島の麓の端から発射される地元メディアのリアルタイムストリーミングで見ることができます。

スペースワンは発射後の飛行が「中断」され、状況を調査していると明らかにした。 爆発の原因や負傷者かどうかはすぐには明らかにされていません。 パッドには通常、発射中に近くに人がいません。 Space Oneは、打ち上げは高度に自動化されており、地上管制センターに約12人の従業員が必要だと述べました。

カイロスは、軌道上の知能衛星がオフライン状態になれば一時的に交換できる実験的な政府衛星を搭載しました。

スペースワンは土曜日に発射を計画したが、船が近くの制限海域に入った後、延期した。

日本は宇宙競争において比較的小さいプレーヤーであるが、日本のロケット開発者は、政府とグローバル顧客の衛星発射に対する急激な需要を捉えるために、より安価な車両を作るために安心している。

東京に本社を置くSpace Oneは、2018年に日本企業コンソーシアムであるCanon Electronics、IHIの航空宇宙エンジニアリング部門、建設会社Shimizu、国営日本開発銀行によって設立されました。 日本最大の銀行の2つである三菱UFJと水戸も少数株式を所有しています。

キヤノンエレクトロニクスの株価は、水曜日の発売に失敗した後、9%以上下落しました。

スペースワンは2020年代後半まで年間20個のロケットを発射することを目標に国内外の顧客に「宇宙宅配サービス」を提供したいと豊田正和社長が明らかにした。 同社はカイロスの最初のリリース期間を4回延期しましたが、海外の顧客を含む2番目と3番目の計画された旅行の注文が満たされたと述べました。

Space OneはKairosの打ち上げコストを公開していませんが、会社役員のKozo Abeはそれがアメリカの競合他社であるRocket Labと比較して「十分に競争力がある」と述べました。

Rocket Labは2017年から1飛行あたり約700万ドルをかけ、ニュージーランドで40以上の電子小型ロケットを発射しました。 レーダー衛星メーカーであるiQPSやSynspective、軌道残骸除去スタートアップであるAstroscaleを含む、日本の多くの企業がミッションにElectronを使用しています。

先月、国家資金を受けた日本航空宇宙探査局(JAXA)は、費用対効果の高い新しい主力ロケットであるH3を首尾よく打ち上げました。 JAXAは今年の歴史的な「頂点」月着陸を完了し、H3は2030年までに約20個の衛星と探査船を宇宙に運ぶ予定だ。

2019年、Interstellar TechnologiesはMOMOシリーズを使用して日本初の民間開発ロケット発射を実施しましたが、本格的な衛星ペイロードはありませんでした。

日本は米国と協力して中国とロシアの技術および軍事競争に対抗して国内航空宇宙産業を活性化しようとしています。

昨年、政府は情報力強化のために衛星軍の構築を推進し、国家安全保障に不可欠な技術を備えた宇宙スタートアップに対する「包括的」支援を約束した。

金曜日、日本の防衛省は、燃料効率の高いメタンエンジンを実験し、ロケットの搭載量を増やすためにSpace Oneと契約を締結したと述べた。

READ  ベルリン付近の小惑星衝突で珍しいオーブライト宝物を公開
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours