スポーツ

日本ソフトバンク、投資回復で黒字転換

TOKYO(AP) – 日本の技術投資家であるSoftBank Group Corp.は、金曜日7~9月四半期に3兆円(210億ドル)の利益を報告したが、これは1年前の損失から急激に逆転したものです。

1年前に3980億円の赤字を出した後、四半期別売上高は1兆5000億円から1兆6000億円(110億ドル)に増えたと明らかにした。

東京に本社を置くSoftBank Groupは、さまざまな企業に投資し、さまざまなグローバル要因に応じて最近の株価が変動するため、変動的で複雑な財務結果を得る傾向があります。

ソフトバンクは、純利益を高める要因のうち、アリババ株を使用した前払い契約の利益、利息負担負債の減少、投資利益があると述べた。 eコマースの巨大企業であるアリババの前払い株式決済だけで4兆円(280億ドル)以上を稼ぎました。

SoftBankは、携帯電話会社SoftBank、WebサービスプロバイダーYahoo、レンタカー会社Didiなど、数百社に投資しています。

また、他のグローバル投資家を含むVision Fundにも参加しています。

ソフトバンクによると、アリババの持分は収益にプラス要因となったが、ビジョンファンド投資は打撃を受けた。

Vision Fund OneはUber Technologiesなどの一部の投資から利益を記録しましたが、Door Dashを含む他の投資では損失を記録しました。 ソフトバンクは声明を通じてビジョンファンドツガウィワークの株価下落で損失を被ったと明らかにした。

後藤義光最高財務責任者(CFO)は「米国で高騰する材料費や金利引き上げなど不確実性が残っている」と話した。 米ドルに対する円安は、少なくとも帳簿上ではソフトバンクに全体的にプラス要因として作用したと彼は語った。

彼はイギリスに拠点を置くArmの初期公募がまだ進行中だと述べた。 SoftBankはチップ設計のリーダーであるArmを所有しています。

Goto氏は、同社の投資計画について「いつか攻撃に乗り出す計画だが、現在は保守的な観点から防御的な態度を維持している」と述べた。

___

影山ゆりはTwitterでhttps://twitter.com/yurikageyama

READ  オレ・グンナー・スールシャール(Ole Gunnar Solskjaer)は、マンチェスター・ユナイテッドがお金のために責任を負うべきだと言いました。

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close