日本ソフトバンクグループが投資損失を減らしたが、会計年度の赤字を維持

Estimated read time 1 min read

日本の技術企業ソフトバンクグループは、投資損失が減少するにつれて、3月までの会計年度の損失を1年前の赤字比約4分の1水準に減らしたと明らかにしました。

ソフトバンクグループは、投資損失が減少するにつれて、3月までの会計年度の損失を1年前の赤字の約4分の1レベルに減らしたと日本技術会社が月曜日明らかにした。

東京に本社を置くSoftBank Group Corp.の年間売上は2.8%増の6兆7600億円(430億ドル)を記録しました。 会計年度の損失額は、前年度の9,700億円の損失から2,276億円(15億ドル)に減少しました。

最近、第2四半期に黒字を記録し、第4四半期の連続損失を被りました。

当会計年度の投資損失には、eコマース、クラウドコンピューティング、デジタルメディアの運営を担当する中国の技術企業であるAlibabaが含まれており、これはT-Mobileの持分による利益を相殺しました。

ソフトバンクの子会社であるイギリス半導体・ソフトウェア設計業者のアーム(Arm)の価値がここ数カ月間急騰したが、実績には反映されなかった。 Armは昨年ナスダックに上場された。

億万長者の孫正義が率いて設立したソフトバンクもヤフージャパンとラインに投資している。 ソン会長は実績発表会には参加しなかったが、今年末の株主総会でAIの未来を提示すると予想される。

ある記者が孫会長が出席しなかった理由を尋ねると、後藤義光最高財務責任者(CFO)は、孫会長が会社が言う「AI時代」に合わせて新たな努力に集中するために忙しいと述べた。

全体的に、ソフトバンクビジョンファンド1は設立以来167億ドルの収益を記録したのに対し、SVF2は193億ドルの損失を記録しています。 両ファンドは3月に終わった会計年度の間に損失を被った。

Gotoは、ビジョンファンドへの投資の初期の困難な時期は、今終わり、安定すると予想されることを強調した。

彼は記者たちに「競技力が大幅に向上するだろう」と話した。

___

ゆりかげ山がXにあります:https://twitter.com/yurikageyama

READ  Horizo​​n Zero DawnとHorizo​​n Forbidden WestのAloyが正式にFortniteに参加
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours