日本タレントエージェンシーで虐待を主張する男性たちが会社調査官とインタビューをしています。

Estimated read time 1 min read

東京(AP) — 10代の時、日本芸能界大物に性暴行を受けたと主張する二人の男が、疑惑を調査するために芸能企画会社が作った特別チームと月曜日インタビューをしました。

JUNYA HiramotoとShimon Ishimaruは、Johnny’s Juniorと呼ばれる少年ダンスと歌のグループの元メンバーであり、まだJohnny&Associatesの謝罪と報酬を求めていると述べた。

平本氏はインタビュー後、記者たちに「彼らは何も認めなかったし、謝罪しなかった」と話した。

「私たちは平和な解決を望んでいます。 憎しみで戦うフィビリンの私は議論の道を選ぶことは意味がありません。

二人は約12 セクハラの疑いを受けている男性 代理店の創設者であるJohnny Kitagawaによって。 10代時代公演をしていた中、彼の東京豪華邸はもちろん彼の車、海外ホテルなどで虐待されたという。

2019年に亡くなった北川は起訴されませんでした。

今月初め、 企業と人権に関する国連実務グループ 日本政府がJohnny & Associatesの虐待に対する措置を講じるよう促し、被害者が少なくとも数百人に達することを指摘し、日本の主流メディアが沈黙を通じて「隠蔽」したと非難した。 全体報告書は来年6月、国連人権理事会に提出される予定だ。

それだけ 月曜日のインタビューを行う別のチームはJohnny & Associatesによって構成されました。。 今月末に会社に調査結果を伝える予定だ。 ジョンニー&アソシエイツはオンライン声明にのみ言及し、チームの調査結果にどのように対応するかについて考えています。

AP通信のコメント要求に応じて、 ジョニー&アソシエイツ すべての問題は調査チームによって処理されていると述べた。 同社は今月末に調査の声明を約束した。

APコミュニケーションは、一般的に、彼らが性的暴行を受けたと言う人を識別しませんが、北川の最近の告発者は、ニュースアカウントに公に名前を付けることにしました。

今年北川に関するBBCドキュメンタリーが放映された後、ミュージシャン Kauan Okamotoは、4月にForeign Correspondents’ Clubで演説しました。 数十年ぶりに東京で実名を使ってそんな主張をした人は初めてだ。

1998年から2年間、ジャニーズジュニアメンバーだった大島由弘という新しい告訴人が月曜日に口を開いた。

彼は「23年間、心に深い傷を抱いて生きるために最善を尽くした」と話した。

大島と他の被害者は、最初は何が起こっているのか理解していないと言いました。 芸能界だけでなく日本社会全体でそのような犯罪を防ぎたいというだけだ。

日本は、子供や性犯罪者の権利を保護するために他の先進国よりも遅れています。 世論も同情的ではない傾向があり、Johnny & Associatesに反対する発言をした男性はオンラインで嘲笑と嫌がらせを受けました。

「私たちは会社が報酬について一緒に議論するためにテーブルに来ることを願っています。 私たちは忍耐する準備ができています。」と石丸氏は言います。

___

影山ガラスツイッター https://twitter.com/yurikageyama

READ  Final Fantasy 15監督は現在、メタバスで日本のビジネス経済をゲーム化しています。
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours