日本チーム、小型化された人間の胎盤製作

Estimated read time 1 min read

日本の研究チームは、構造と機能の面で人間の胎盤と非常に似た小型臓器を世界で初めて製作したと木曜日明らかにした。

東京医科歯科大学研究陣など研究チームは、ミニチュア版であるヒト胎盤オルガノイドがウイルスが胎盤に感染する過程を理解し、安全な新薬開発に活用できると期待している。

研究チームの研究結果は、英国ジャーナル・ネイチャー・コミュニケーションズ(Nature Communications)オンライン版に掲載された。

妊娠後に形成された胎盤は、ウイルスなどの異物から胎児を保護する障壁として機能します。

人間の胎盤について解けないミステリーがたくさんあります。

しかし、人間の胎盤の構造は他の生物の構造とは異なります。 したがって、動物実験を通じて人間の胎盤について知ることには限界がある。

ヒト胎盤生物を産生するために、チームは、胎盤幹細胞を使用することを決定し、ヒト胎盤組織からそのような細胞を生成する確立された方法がある。

研究チームは、胎盤の成長を促進するタンパク質を細胞に投与し、約8日間培養した。 以後、約0.45mmの球形ミニオルガンを製作することに成功した。

胎盤生物を詳しく調べたところ、膜表面の絨毛、すなわち糸状の突起が胎盤絨毛と同じ構造を持っていることがわかりました。 絨毛は異物に対する障壁として機能する細胞で覆われています。

また、オルガノイドの有害物質通過を防ぐ性能は人間の胎盤と類似していると研究チームは明らかにした。

研究陣はオルガノイド活用法について「副作用が抑制された胎児用新薬開発が可能であると期待する」と述べた。

READ  「日本は基本的に私を裏切った」:ミューズに酸っぱい日本の愛好家の漂流教育
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours