日本トップパン、チップ、電子分野に4億ドルの投資でAI注目

Estimated read time 1 min read

東京 – 日本の印刷および材料グループであるToppan Holdingsは、半導体産業のAI主導成長を通じて利益を得るために、電子部門に3年間約600億円(4億ドル)を投資する計画です。

この数値は、前の3年より100億円増加した数値であり、2023~25会計年度にToppanが計画した成長投資の30%に相当すると、社長兼CEOである馬秀秀(Hideharu Maro)がNikkeiに語った。

READ  日本のデジタルドラッグ| 東アジアのフォーラム
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours