エンターテインメント

日本ドラマ「ドライブマイカ」が国際批評家賞、今年の映画賞を受賞

2022年アカデミー国際長編映画賞を受賞した浜口龍介の日本ドラマ「ドライブマイカ」が国際映画評論家連盟会員が授与する2022年最高の映画でFIPRESCIグランプリを受賞しました。 この映画は昨年カンヌで初演され、いくつかの賞を受賞しました。

この映画は、今年の他の4つのFIPRESCIファイナリスト、すなわちThomas AndersonのLicorice Pizza、Ruben Östlundの2022年ゴールデンパーク受賞者Triangle of Sadness、Jane CampionのPower of the Dog、Joachim TrierのThe Worst Person in the World倒した。

ゆっくり燃えるドラマ映画は主に劇作家と彼の女性ドライバーの相互作用を通して展開されます。 この映画は日本の著名な作家村上春樹の断片を脚色したものです。

FIPRESCIグランプリは来月16日、第70回サン・セバスティアン国際映画祭開幕式で公開される。 イベント期間中、映画の特別上映が計画された。

また読んでください: ‘Bigg Boss’私の参加者Sonali Phogatはもうありません! ネチズンたちはチックトークスターの突然の死に反応した。

国際映画評論家連盟は1999年から毎年グランプリを授与している。 権威ある賞の以前の受賞者には、Maren Ade、Michael Haneke、Pedro Almodóvar、Paul Thomas Anderson、Aki Kaurismäki、Abdellatif Kechiche、Chloé Zhao、およびRichard Linklaterがあります。

READ  日本の任天堂ゲーム機創設者上村正行、今年78歳で別税

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close