スポーツ

日本ハム中田翔5000万円増加し、「レベマルチ」を流行語 – プロ野球:日刊スポーツ

契約更改を終え会見日本ハム中田(代表撮影)

実際には、そのタイトルが必要だった….日本ハム中田翔内野手(31)が17日、札幌市内の球団事務所で契約更新の交渉に臨み、5000万までの3億4000万円でサインした。

球団では新庄剛志氏の3億円(06年)を上回る史上三番目の高額改訂された。

日本ハムの契約更新のリストを表示 – >

「本当に狙っていた」とバルヒョトダウン今年の流行語。 開幕前、例年以上に状態の良いものを “レベマルチ」と表現する。 13年ぶりにキャリアの高さの31本塁打、3番目打点王とレベマルチ活躍に流行語にも手が届くと思った。 「そんなに甘くはなかった。来年こそは流行語を取ることができるように努力したい」とされた目標を設定した。

契約更新では、レベマルチの大幅な向上を占めた。 球団史上最高額は11年ダルビッシュの5億円から2006年に新造氏抜い歴代3位に上がった。 3億以上は史上4番目。 119試合に出場してチームをドラッグ “かなり大変でした。また、したくないですね」と厳しい1年を戦い切った。

シーズン後ホームランに届かなかった一打を評価与えよう」フェンス直撃の事情」を発案。 交渉の開始部分球団から「フェンスを低くすることはできませんが、 “と出した苦笑。 「あんなビッグマウスなので、最初から自分の話考えはなかった」と説得の増額を受け入れた。 今オフレベマルチ速度で訓練を開始した。 例年より早くシーズン終了後、約1週間で開始した。 「ホームラン20本、30本、40本より100打点。そこは本当に頑固を持っていきたい」。代名詞となった「レベマルチ “の姿を確かなものにする。 (金額は推定)[다나카 彩友美]

◆中田の「レベマルチ」発言沖縄名護キャンプで2月25日対決状態を追及「打撃の状態は、過去4、5年ぶりに最も良くないだろうか。物が異なるまたは「レベマルチ」というか」と答えた。 以降のインタビューで、「感覚的に言ってだけだった」と明らかにしていたが、地面から “レベマルチ中田」が、多くの場合登場。一般的に、「次元が違う」の略として使用される若者用語(ガール語)。

○…中田が清宮との共同闘争を決意した。 将来の主軸に期待してシーズン中のアドバイスを惜しまなかった。 「清宮党がチームの柱が来ないと話にならない。それほどの可能性があると考えている。」 同じ二塁手刺激お互いの間で「切磋琢磨(切磋琢磨)して努力していく。 それが最終的チームになるだろう」と見通した。

READ  日本の翼カジ谷、プレーオフで勝利

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close