日本バレーボールで最も急成長しているファン層 – 女性スーパーファン

1 min read

女性ファンがスタンドで一生懸命手を振って応援する姿 内和 (紙ファン)そして、自分の好きなスターのサインをつければ、日本の男子バレーボールの試合を最新のアイドルポップグループが出演するコンサートで勘違いしやすいです。 特にJ-popファンが自分の好きなアイドルを支えるように、多くのスーパーファンが自分の好きな選手に宗教的に従うからです。

日本ではスポーツにとってまだ女性が男性より多いです。 日本のスポーツウェアメーカーベネックス(Venex)の2023年調査によると、男性の回答者の約60%が自分をスポーツファンだと思うと答えたのに対し、女性の回答者の場合、この数値は約40%でした。

しかし、バレーボールスタジアムの男性観客は目立つように少数に属しています。 日本プロバレーボールVリーグ副会長の岡川正明によると、男子国内大会ファンの80%以上が20代、30代、40代の女性だ。

女性スポーツファンは受動的な観客からは遠い。 彼らは旅行、ゲームチケット、商品、食べ物や飲み物、ファンクラブのための財布を開いています。 女性ファンは単なる熱心なファンではなく献身的な消費者だ。

フォロワー数に意味があるなら主張 石川由紀、外打者高橋らん、相手スパイ西田悠二(パリオリンピック日本代表名簿のヘッドライナー3人組)がソーシャルメディアチェーンの先頭にあり、インスタグラムフォロワー数は合計480万人に月です。

昨年、高橋と共に女性ライフスタイルマガジン「アナン」の表紙を飾ったのに続き、イタリアトップリーグで活躍中の石川は、デビューの回顧録がすぐに出版される予定だと明らかにしてファンを熱狂させた。 28歳のこの選手は、全般的な選手のイメージを測定するため、白保堂DYメディアパートナーが3月に行ったアンケート調査によると、日本で5番目に好感が行く選手です。

運動選手は大きな影響力を発揮し、企業は運動選手とパートナーシップを結ぶことで恩恵を受けています。

日本最大の旅行会社であるJTBが昨年末、イタリアで開かれた石川競技公式ツアーの事前販売抽選を実施した際、実際の数字公開を拒否したが、利用可能なパッケージより6倍も多くの申請者が受け付けられた。

パッケージにはミラノとヴェネツィアの4つ星ホテルでの合計4泊、アリアンツミラノホーム競技のコートサイド席、特別練習利用券、独占選手-ファンイベントが含まれており、価格は1人あたり410,000円です。 2月にはお金をたくさん使う余裕がある優勝志願者たちが飛行機に上がって石川を間近で見ることができました。

サポート

翌シーズンペルージャでプレーする石川は、全国バレーボールファンの心を盗んだ数多くのスターの中で最も最近で最高の選手だ。

川井純一は、1984年と1988年のオリンピックに日本代表として出場した1980年代の時代を味わった男でした。 1990年代には中ガイチユイチが続いており、2000年代には加藤洋一、山本高宏、旭健太郎などが続いた。

バレーボールは日本で長い間人気を集めており、特に1960年代と1970年代に男女共にオリンピックチームが強みを見せてメダルを獲得したとき、さらにそうでした。

日本人はバレーボールだけを見るものではありません。 ほとんどの学生は体育時間でスポーツをしています、 ママ – サンバレー — 主婦と母親がするバレーボール — 参加率が高いです。

アニメシリーズで制作され、映画まで制作されたバレーボール漫画「ハイキュー!!」の大きな成功は、日本でスポーツへの新たな関心を呼び起こしたことが知られています。 日経クロストレンドによると、「ハイキュー!!」は「銀魂」、「テニスの王子様」と一緒に少年ジャンプマガジンで女性に最も人気のある漫画トップ3位に上がりました。 同じ記事では、女性読者が競争関係や教師と弟子関係を含むストーリーラインを好む傾向があると明らかにしました。

Nielsen Sportsのデータによると、日本で最も収益性の高いプロとセミプロスポーツ(野球、サッカー、相撲、ゴルフ、ラグビー、サッカー、バスケットボール、バレーボール)のうち、バレーボール(男性と女性の両方)が女性ファンの割合が最も高い。 。

NFLが「テイラー・スウィフト効果」に寄りかかって女性ファンを確保しようとするのと同様に、日本バレーボール協会とV.リーグチームが新しい女性ファンの波を活用する膨大な機会を持っていることは明らかです。 見逃した場合に備えて、Kansas City ChiefsのTravis Kelceとポップスターのロマンスは女性の視聴率を高めるのに役立ちました。

2022年からJVA会長職を務めている川井は、ジャパン・タイムズとのインタビューで男子国家代表チームの人気が高まるにはいくつかの要因があったが、その勝利が確実に役に立ったと述べた。

彼は現在、ポーランド、イタリア、米国に続いて4位を走っている日本に対して「男子バレーボール代表チームが人気が高い最大の理由は、世界ランキングが証明する世界最高のチームだから」と話した。

男と女の国家代表チームがより多くの認知度を得るのを助けるために、カワイは選手のメディア露出を増やすことに個人的に参加したと述べた。

Nielsen Sportsのデータによると、日本で最も収益性の高いプロとセミプロスポーツの中で、バレーボールは女性ファンの割合が最も高くなっています。

Nielsen Sportsのデータによると、日本で最も収益性の高いプロとジュンプロスポーツの中で、バレーボールは女性ファンの割合が最も高いことを示しています。 | AFP – サポート

昨年から専担ソーシャルメディアチームが国家代表チームに従い、大会ビハインドコンテンツを記録してきた。 JVA YouTubeチャンネル ALLFORというシリーズから。 JVAは男子チームが登場する最初の映像がヒット数93万件を記録したと明らかにした。

ファンがスポーツチームをフォローするために新聞、テレビ、ラジオなどの伝統的なメディアプラットフォームに頼らなければならなかった時代は、ずっと前に過ぎました。

「私が現役選手だったとき、メディア出演はテレビの試合と試合後のインタビューに限定された」と川井は語った。 「私たちは面白いテレビ番組に出演することは許されていません。 新聞と雑誌は私たちを有名にするのに役立ちました。 今日、国家代表選手たちは芸能出演、個人SNSアカウント活用など、私たちができなかったことをしています」

ソーシャルメディアは運動選手とファンのギャップを解消しています。 また、世界中のファンがつながり、友情を築くことができます。 女性スーパーファンは膨大なパワーを持っているだけでなく、ファンダム内共同体意識も独特だ。

Vリーグでは元日本主張の柳田正宏が出演する東京グレートベアーズがバレーボールファンスペースのための道を磨いています。 2022年6月に創立された男子代表チームは3月3日、8,749人で正規シーズン大会リーグシングル競技出場記録を立てた。

チームを宣伝するために、プロモーションスタッフはバスラップを作成し、チラシを配布することからソーシャルメディアを使用し、YouTubeユーザーとTikTokerをハーフタイムショーに招待することまですべてを行いました。 2023~24シーズンにはチームのファンクラブ会員数が前シーズンより5倍も増えた。

グレートベアーズのクボタ・タケシCEOは、女性ファンがファンクラブ会員の90%を占める原動力であり、女性人口統計のマーケティングは、彼らが本当に望むものを理解することを意味すると認めています。

「私たちが女性ファンだけを対象とするわけではありませんが、選手たちやフォトタイムなどのイベントを企画してグッズを開発する際、女性ファンたちがどう思うか考えて、歓迎される雰囲気を造成しようと努力します。 表参市 (おもてなし)ホームゲーム中」とKubotaは言いました。

「私たちの家に来て初めてバレーボールを観覧する人たちがどうすれば試合を楽しむことができるようにするのが課題です。 私たちはファンの期待を上回るために一歩先を進み、絶えず革新しようと努力します。 現在ファン層を増やしたい」と付け加えた。

家計上の財政問題で主導権を握る可能性が高い女性の純粋な消費力を考慮すると、チームは女性の聴衆を育成し、彼らから利益を得るために投資することが合理的です。 しかし、ファンが誰なのかわからないと、ファンとコミュニケーションするのは難しいです。

Great Bearsは、増え続ける女性ファンの基盤を当然のことではありません。 彼らは常にバレーボールをさらに近づける方法を心配しています。

Kubotaは「女性ファンの参加を促すための新しいアイデアは、バレーボールオフシーズンの春と夏に公開練習セッションとパイロットゲームを開催することです」と述べた。 「私たちは彼らが好きな選手をリアルタイムで視聴するためのより多くの機会を提供したいと思います。」

日本代表チームが5月21日、リオデジャネイロで開かれたFIVB男子バレーボールのネーションスリーグ競技でアルゼンチンを破って歓呼している。

日本代表チームが5月21日、リオデジャネイロで開かれたFIVB男子バレーボールのネーションスリーグ競技でアルゼンチンを破って歓呼している。 | AFP – サポート

READ  [JAPAN SPORTS NOTEBOOK] 白穂はスモライフの次章を始める。
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours