スポーツ

日本パネル、男性専用天皇制に変えないことをお勧め

TOKYO(AP) – 政府パネルは、王室男性の数が急激に減少したにもかかわらず、日本の男性専用の皇室継承システムを維持しています。

パネルは水曜日岸田文夫首相に報告書を提出したが、現在消えた王室11個のうちの一部の独身男性を潜在的な相続人として採択し、女性王族の地位を維持することを許可するなど、潜在的な後継者を十分確保する方法を提案します。 結婚する平民。

どちらの選択肢も、第二次世界大戦以前の価値を大幅に維持する1947年皇室法の改正を必要とします。

パネルは現在、男性専用の継承システムの持続性に関する問題に対処していない。

後宮の習慣が消え、皇室の規模は17人に減った。 成仁日王は86歳の叔父のほか、弟の秋野と10代の息子の久仁の二人の後継者だけが可能だ。 、日立王子。

彼の一人娘アイコは王位を継承する資格がない。 現行法上、彼女は先月、大学同甲と結婚したいとこ麻子のように庶民と結婚すれば家族を離れなければならない。

NHK公営放送はまだ10代の久仁の後に続いて誰が承継するのか議論する時期ではないと伝えた。

キシダはパネルの勧告を受け入れ、「国家財団に関連する非常に重要で困難な問題に対するバランスの取れた議論」に感謝します。

彼は、さらなるレビューのために報告書を議会に提出すると述べた。

皇室継承の議論はほぼ20年間続いた。

2005年の王位継承危機に直面したとき、専門家のパネルは家系の男性と女性の王族の両方が王座に上がることを許可することを提案しました。 しかし、この提案は保守派の激しい反対に当たった。

この提案は、2006年9月に久仁が生まれた翌年、当時安倍晋三首相の保守政府によって拒否されたが、これは40年ぶりに男王族の最初の誕生だった。

READ  マジック1巨人優勝なるか? /ヤクルト戦ライブ速報 - プロ野球ライブ速報:日刊スポーツ

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close