経済

日本パネル、COVID抑制拡大承認

2022年1月22日、日本の東京でコロナウイルス感染症(COVID-19)感染症が発生する中で、保護用のフェイスマスクを着用した訪問者が歩行者専用デッキを歩いています。 REUTERS/Issei Kato

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

1月25日(ロイター) – 日本は、記録的な数の事例を汚れた感染性オミクロン変種と対抗するために戦略を修正しようとしたが、火曜日に強化されたコロナウイルス抑制対象地域の数を2倍以上に増やす予定です。

政府保健委員会は、大阪西部と京都を含む18の追加地域でより強力な対応措置を拡大することに署名しました。

これらの措置は、オミクロンが主導する感染症および入院の増加による措置であった。 日本公営放送であるNHKの集計によると、月曜日に日本で44,000人以上の新しい事例が記録されました。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

縁石は木曜日から2月20日まで運営され、地元の知事がレストランやバーに営業時間を短縮し、酒類の販売を中止する権限を与えます。

すでに16の県で宣言されているこの拡大措置は、来月中旬までにまもなく日本地域の70%以上を対象とすることを意味します。

諮問団はまた、3つの地域でいわゆる準緊急措置を2月20日まで延長することを承認した。

岸田文夫首相が率いる政府タスクフォースは火曜日遅く決定を公式に承認する予定だ。

保健福祉部は、月曜日後半にコロナ19患者と密接に接触した人とコロナ19症状を示す人に対して地方自治体が必要であると判断した場合、医師が検査なしで感染者と診断できるようにすると明らかにした。

松野博和官房長官は20日、「この新しい政策で、患者は感染状況に応じて地域社会の指示に従って迅速な検査と治療を受けることができるようになるだろう」と話した。

彼は「医療機関訪問前の検査を並行するなど、患者が選択できる選択肢を拡大する政策を提示している」と話した。

彼は「コロナ19で重病になる危険が高い人々は、新しい政策にもかかわらず医師に会わなければならない」と話した。

神塚日明東北大学研究員は「実験室検査確認なしでコロナ19を管理することは、地域社会負担の高い地域で医師がインフルエンザと戦うのと似ている」と話した。

「重要なのは、一部の人々が最終的に病気になり、彼らが安全であることを確認するために優れた監視システムが必要であることです。 彼らに入院を提供するだけでなく、新しい経口薬へのアクセスを提供することによって。

岸田議員は、議会討論会で、政府がコロナ19患者と密接に接触した人々に対する隔離期間の短縮を考慮しながら、科学的データも検討すると述べた。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

杉山さとしの報告 Clarence Fernandez, Robert Birsel 編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  JR東日本のQRコード対応の自動改札機を初体験、新宿駅高輪ゲートウェイ駅で実証実験を開始 - 旅行Watch

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close