トップニュース

日本ビールメーカーアサヒ、価格引き上げ発表後株価急上昇

旭スーパードライビール缶は、2016年5月17日に日本の東京の旭グループホールディングス本社に展示されています。 REUTERS/Toru Hanai

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

東京、4月27日(ロイター) – Asahi Group Holdings(2502.T)の株価は水曜日日本ビールメーカーが14年ぶりに缶ビール価格を引き上げ、コスト上昇に対処するための様々な価格引き上げを発表した後急上昇した。

主にビール製品である162品目の小売価格が材料、エネルギーおよび輸送コストの増加を反映して10月1日から6%から10%の間に引き上げられると火曜日市場が締め切られた後、明らかにした。

日本で数十年のデフレの後、ロシアのウクライナ侵攻とコロナウイルス感染症による物流の問題は、燃料やその他の原材料価格が上昇し、消費者価格の圧力を高めました。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

Asahiの株価は4.3%上昇し、ベンチマークNikkei指数(.N225)の1.2%下落を上回りました。

競争会社のキリン・ホールディングス(2503.T)と札幌ホールディングス(2501.T)も価格の引き上げを考慮しているが、まだ決定を下していないと水曜日に明らかにした。

Suntory Holdings Ltdの広報担当者は、2020年10月に会社のビールおよびワイン製品の会社の最終価格変更があったことに注目し、会社はコメントがないと述べました。

旭は日本最大のビールメーカーで、市場のほぼ40%を占めています。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

Rocky SwiftとRitsuko Shimizuによる報告。 エドウィーナギブスの編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  日本の島状カレー、韓国隣人との緊張の高まり| 日本の

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close