日本フィギュアスケート選手の住吉レオンと柏山ゆま(Yuma Kagiyama)がフランスグランプリで共同3位を占めた。

1 min read
ロイター
アメリカのイザボ・レヴィト(中央)が去る土曜日、フランスのアンジェで開かれたグランプリ・ド・フランスで開かれた女子フリースケートで、2位のベルギーのニーナ・ピンザロン(左)、3位の日本のレオン・スミヨシと共に優勝した後、歓呼し、ある。

フランスのアンガス(AP) – イザボ・レヴィト(Isabeau Levito)の最初のグランプリ優勝への旅は終わりました。

16歳のアメリカフィギュアスケート選手は、土曜日、フランスのグランプリで2つのプログラムで合計203.22点を獲得して優勝しました。

金曜日のショートプログラム以後5点以上の大きな格差を広げたレヴィートはフリースケートでは不振で総合3位で満足しなければならなかった。

Levitoはトリプルラッツ – トリプルトートとは異なる4つのトリプルジャンプを着地しましたが、最後のスピンでねじれました。

ショートプログラムに続き2、3位を占めたアナスタシヤ・グバノヴァ(ジョージア)とイ・ヘイン(韓国)もフリー試合で不振を経験しながらも彼女の演技は相変らず圧倒的だった。

レヴィートはベルギーのニーナ・ピンザロンを4.42点とする大きな差で勝ちました。 3位は日本の住吉レオン(Rion Sumiyoshi)が占めた。

「私の考えでは、私たちはこれを私のスピンの後半を台無しにする劇的な仕上げと呼ぶでしょう」とLevitoは言いました。 「前半戦をとてもよく仕上げて嬉しい。 これを勝ち抜けて嬉しいし、今後も頑張ります [second half of the program] 訓練に戻ると、はるかに多くなります。」

レヴィートは先月スケートアメリカを含む他のグランプリ大会で4回準優勝を占めたことがある。

彼女の勝利で、Levitoは12月7日から10日まで北京で開催されるグランプリファイナルに出場する資格を得ました。 グランプリ・ド・フランス(Grand Prix de France)は、ISUグランプリシリーズの6種目のうち3番目の大会でした。

「昨シーズンのグランプリサーキットの結果よりも向上することができてとても誇りに思っています。」 Levitoが言った。 「最小のグランプリで一度でも優勝して決勝に進出するのが私の目標でした」

住吉は個人最高スコア136.04点でフリースケートで優勝した。

「今日、私は昨日経験した問題を解決し、好きなように試合を繰り広げました。」 きれいなクワドラフルトループを成功させた住吉が語った。 「競争で勝利できる武器になるように、より一貫性を持たせようと努力しています。」

男子部では米国のイリア・マリニン(Ilia Malinin)がショートプログラムで先頭を守ることができず、総点306.78点でフリースケートを掌握したフランスのアダム・シアオ・ヒム・ファ(Adam Siao Him Fa)に次いで2位を占めた。

ディフェンディングチャンピオンの活躍は4回のクワッドプルジャンプでホーム観客を喜ばせ、彼は総点300点以上を得点した第6選手になりました。 Malininは304.68ポイントでゲームを終了した。

3位は日本の茅山ユマ(273.14点)だった。 オリンピック銀メダリストの彼は足首の怪我から回復した後、2年ぶりに初のグランプリに出場することになった。

ロイター
3位 柳山由麻(Yuma Kagiyama)が男子フリープログラムが終わった後、授賞台に上がって祝っている。

また、イタリアのCharlène GuignardとMarco Fabbriがダンス大会で優勝しました。 カナダのLaurence Fournier BeaudryとNikolaj Soerensenは、フランスのEvgeniia LoparevaとGeoffrey Brissaudの前に銀メダルを獲得しました。

カナダのLia PereiraとTrennt Michaudがフェアコンテストで優勝し、初のグランプリ優勝を果たしました。 イタリアのSara ContiとNiccolo MaciiがフランスのCamille KovalevとPavel Kovalevに次いで2位を占めました。

READ  ヤクルト坂口1500安打...進化ずっと最後の近鉄獣 - プロ野球:日刊スポーツ
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours