技術

日本フェリー、衛星を用いた接眼支援技術のテスト

日本フェリーサンフラワーゴールドは接眼技術システムの試験を実施しています(Nkenseiの写真 – CC BY-SA 3.0ライセンス)

2022年9月16日午後2時11分に投稿

海洋行政官

Mitsui OSK Lines(MOL)とフェリー運営会社のフェリーサンフラワー(Ferry Sunflower)は、停泊中に船舶をサポートするように設計された技術システムの約7ヶ月間の試験を開始しました。 今回の試験は船舶運航の安全性を改善し、最終的に航海を自動化できる技術を配置しようとする日本企業の努力の最も最近の段階だ。


当社は、接眼が船員の経験と観察に基づいて視覚的に行われることを強調した。 古野電気が開発中の「接眼支援システム」は、LiDARと衛星コンパスから得られた情報に基づいて、船体と桟橋との間の正確な距離と角度を測定します。 結果は、機長と乗組員が機動を知らせるために使用できる複数の画面に表示されます。 MOLは同様のテストをしています。 航法支援システム 航路と方向と潜在的な障害物を示すように設計された他の船舶または船舶の経路で移動する他の船舶。


接眼支援システムの試験は9月に始まり、2023年3月まで運営されます。 試験に選ばれた船は15年のSunflower Goldです。 日本港である神戸と大分の間を約11時間運航する総11,178トンのロロフェリーです。 長さ543フィートのフェリーは700人以上の乗客を収容でき、147台のトラックと75台の車両を運ぶことができます。


フェリーの乗組員はシステムをテストし、使いやすさを確認します。 画面を見ると、ディスプレイがわかりやすいかどうかを調べます。 MOLによると、このシステムは接眼作業の安全性と効率性を向上させるために開発されており、システムの開発と商用化を支援するために探しています。


MOLは以前に複数のテストに参加しており、 デモ 接眼補助システム。 今年初め、MOLは政府が支援する配送自動化プログラムの一環として、 自動ドッキング 仕事。 同社は、これらのデモの情報に基づいて、同社が商業実装に先立ってシステムの使いやすさを向上させるために船舶へのシステムの設置を簡素化していると報告しています。


これは、技術を使用してドッキングとドッキング解除を改善し、最終的に自動化するように設計されたいくつかの努力の1つです。 先週、Grimaldiはヨーロッパの宇宙局です ドッキング起動用衛星。 彼らの目標は、2024年3月までアントワープターミナルのGrimaldi ro-roでシステムを実演することです。


トップ写真作成者 ウンケンセイ 2007年大阪ひまわり金賞(CC BY-SA 3.0 特許)

READ  GoogleとTemasek、インドのネオバンクオープンに1億ドルの資金支援 - TechCrunch

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close