経済

日本ホンダが中国で電気自動車の新モデルを発売

東京、11月5日(ロイター) – 日本ホンダ自動車 (7267.T) 世界最大の自動車市場で急成長するバッテリ駆動自動車部門を狙った中国専用電気自動車(EV)ラインナップの2番目のモデルを土曜日公開した。

日本の自動車会社は昨年、パートナーGACと共に今後5年間、「e:Nシリーズ」という新しいブランドでEVモデルを発売する計画だと明らかにしました。 (601238.SS) 東風自動車 (0489.HK)。 去る4月、中国で初のモデル販売を開始した。

三部都市広本田CEOは声明を通じて「ホンダはホンダだけが提供できるユニークで多様な電気モビリティ製品シリーズを通じて中国から電気ブランドに変身している」と話した。

ホンダと日本の主要競争相手であるトヨタモーターコープが直面する主な課題 (7203.T) 日産車 (7201.T)Tesla Incのようなライバルに追いついています。 (TSLA.O) 電気自動車の分野で先を行く人々。

ホンダは今年初め、2030年までに世界的に30個のEVモデルを発売し、年間約200万台のEVを生産するという目標を立てた。

昨年は、2030年以降、中国ではバッテリー電気自動車、水素燃料電池自動車、ガソリン電気自動車などの電気自動車モデルのみを導入すると発表した。

GAC-HondaとDongfeng-Hondaの2つの合弁会社は、2024年に生産を開始すると予想される新しいEV専用組立工場を建設する予定です。

杉山さとしの報告。 Ana Nicolaci da Costa 編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  日産、エンジンにCO2排出削減の突破口宣伝

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close