エンターテインメント

日本ホンダ・ソニー、電気自動車開発のために握る – AgriNews

TOKYO(AP) – 日本の電子と自動車の2つの大物が電気自動車を一緒に生産するために力を合わせています。

ソニーグループ(Sony Group Corp.)とホンダ自動車(Honda Motor Co.)は、2025年までに電気自動車の販売を開始するため、今年ジョイントベンチャーを設立することに合意したと両側が3月4日に明らかにした。

この計画は、モビリティの開発、技術、販売に関するホンダの専門知識とソニーのイメージング、通信、ネットワーク、エンターテイメントの専門知識を組み合わせることです。

日本では伝統的に他の製造業の組み合わせが珍しい。 しかし、ガソリンエンジンがなく、複雑な電子機器を備えた電気自動車の時代には意味があります。

公害と気候変動の懸念が高まるにつれて、世界の自動車メーカーはゼロ排出電気自動車を開発しています。 しかし、彼らはテスラのような相対的なスタートアップ企業との激しい競争に直面しています。

合弁会社は製品を開発し設計しますが、製造にはホンダの工場を使用します。 プレイステーションのビデオゲームコンソールを作成し、映画や音楽事業を所有しているソニーはモビリティサービスプラットフォームを開発します。

ホンダはCR-Vスポーツユーティリティ車両とクラリティプラグインハイブリッドを構築し、すでに独自の電気自動車プログラムを持っており、北米でEVプラットフォームを共有するためにGeneral Motorsと協力しています。

ホンダの三重智博最高経営責任者(CEO)は、「化学反応で」予期せぬ価値を創出するために、ソニーとの合弁投資は分離されると述べた。

ミベは、記者たちに、ホンダが独自のEV番組を続けると強調し、「私たちは自動車のカテゴリー内で考えるのに慣れすぎて、そのカテゴリーの外で考えるのは難しい」と語った.

ソニーは2年前にラスベガスで開かれたCESガジェットショーで電気自動車のコンセプトを披露した。 ソニーグループの最高経営責任者(株)慶一郎吉田は、自動車パートナーを探していると述べた。

東京で急速に招集された記者会見に共に登場した両経営陣は、合弁会社の今後の株式上場の可能性を排除していない。

ソニーとホンダは、日本が第二次世界大戦の遺跡で再建した1940年代に始まった。 どちらもカリスマあふれる創設者がいました。

ホンダは、エンジニアであり、産業家であり、評判の悪い非コンプライアンスであるソイチロホンダによって設立されました。 彼は父の自転車修理店で仕事を始め、最終的にホンダを世界的な強者にしました。

彼はしばしば次のような言葉を引用します。 卒業証書は価値がありません。 手で働く方法を学ぶか、会社ではなく自分のために働きます。

ソニーは、より堂々と誇りに思う日本を擁護する「能と言える日本」を共同執筆した森田明夫と井吹政が設立しました。

モリタは市場に精通しているが、イブカは製品開発で有名だった。 ソニーがウォークマンポータブルオーディオプレーヤーを開発した1970年代に、一部のエンジニアは懐疑的でした。 しかし、森田は人々が移動中に音楽を聴きたいと主張した。

Mibeは、「SonyとHondaは、多くの歴史的、文化的類似点を共有している会社ですが、私たちの技術の専門分野は非常に異なります」と語った。

「両社の強みを組み合わせたこの同盟がモビリティの未来に大きな可能性を提供すると信じています。」

ソニーグループの最高経営責任者(株)慶一郎氏は、イブカがホンダを尊敬し、多くのことを学んだと述べた。

吉田は「上位層での献身が重要だ。 「私達はこの挑戦を一緒にすることを約束します」。

READ  福島で強い地震で数十人が負傷し

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close