日本メガファンドGPIFがグローバル証券ラリーで四半期ごとに720億ドルの収益を記録

Estimated read time 1 min read

東京、7月7日(ロイター) – 世界最大の延期金である日本政府投資年金(GPIF)が去る1~3月の10兆3000億円(720億2000万ドル)の投資利益を記録し、第4四半期の赤字を記録したと金曜日に言った。 行。

GPIFは四半期中5.41%上昇し、総資産を200兆円以上に増やしたと4月から3月まで行われる日本会計年度による2022年の年次報告書で明らかにしました。

1月から3月までの国内外の株式市場の堅調な上昇により、ファンドの年間収益率は2022年第1四半期の損失にもかかわらず、2兆9,500億円(206億3,000万ドル)を記録し、黒字を記録しました。

このファンドは規模が膨大であるため、グローバル金融市場で注意深く注目しています。

GPIFの海外株式ポートフォリオは四半期ごとに8.19%の収益を上げ、日本の株式ポートフォリオは7.03%上昇しました。

同期間、S&P 500(.SPF)は7.03%、日本の日経平均(.N225)は7.46%上昇しました。

GPIFの日本債券ポートフォリオの利回りは2.12%増加し、海外債券ポートフォリオは4.33%増加しました。

3月末現在、日本債の割合は26.79%、海外債の割合は24.39%だ。 海外株式は24.32%、国内株式は24.49%を占めた。

また、金曜日に日本科学技術庁は大学寄付基金が2.2%の投資損失を記録し、資産を9兆9600億円(696億5000万ドル)に減らしたと述べた。

政府支援寄付は、富をより多くの国民に分配するための成長戦略の一環として、日本の科学技術研究を促進するために2022年3月に設立されました。

($1 = 143.0100円)

レポート:Anton Bridge編集:Shri NavaratnamとKim Coghill

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  NASAのジェームズウェブ宇宙望遠鏡が宇宙岩石にぶつかり、破損した。
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours