日本メディアが大谷翔平を報道するのはどうでしょうか?

Estimated read time 1 min read

柳原直之の人生は大体大谷翔平を中心に行われます。

自分のインスタグラムに文を載せると柳原が書く。 大谷が野球に行く所ごとに柳原が続く。 春の訓練中に、オタニがまだアリゾナ州のテンピー施設にいない場合は、自分の車が停車するのを待ちます。

日本スポーツ日刊紙スポーツ日本の寄稿者である柳原は、北海道日本ハムファイターズで新人時代の2013年から大谷を取材してきた。

2018年テンペ・ディアブロ・スタジアムで、エインジョルスの大谷翔平が到着するのをジャーナリストが待っている。

(ベン・マゴット/AP通信)

Yanagiharaはアメリカに住んでいません。 彼の家は東京にあり、妻と9ヶ月の赤ちゃんと一緒に半年生き、残りの半年はアメリカのホテルで暮らしています。

彼は「毎日妻に電話、ビデオ通話をする」と話した。 「夕方7時か8時ごろなら、日本は朝です。 私はいつも時差のために苦労しています。」

これはメジャーリーグのベースボールで活躍する日本最高のスターを取材するように割り当てられた日本スポーツ記者の人生です。 彼は2017年12月、大谷がエイジェルスと契約した後、大谷がいるほぼすべての試合と毎日スプリングトレーニングに参加した数十人の一人です。

そして彼は、今シーズンのエイジェルスで何が起こるのかによって、大谷沿いに別の都市にFAで契約したり、シーズンが終わる前に移籍できる数十人の一人でしょう。

彼は「彼は私の人生を完全に変えた。 「私はほぼ毎日、毎年彼に従わなければなりません。」

大谷はMLB 12シーズンのうち、ほぼ7シーズンをドジャースと一緒に送った野茂英雄より、日本のメディアや文化にもっと有名だ。 そして大谷はシアトルマリナーズと共にビッグリーグで18シーズン以上のほとんどを送った鈴木一郎よりはるかに大きい。

Ohtaniは国内最大の野球スタイルだけでなく、彼の世界的な影響力はすでにその点を明らかに示しています。

「彼は日本のアイドルとアイコンです。」 Yanagiharaが言った。

「動画を撮って写真を撮ることも非常に重要です。 [of him] なぜなら彼はとてもハンサムで素敵でポップスターのようです。

それが彼を日本のビヨンセにするのか? 安倍首相と日本タブロイド新聞東京スポーツに文を寄稿する別の作家青池夏子氏は、この質問に懐疑的な表情をした。

おそらく日本の大谷はそれより人気が高いだろう。

日本では、野球選手を扱うのがアメリカとは異なります。 メディア会員はクラブハウスを除くすべての場所で許可されます。 プレーヤーとの関係はスタジアムの外で形成されます。 記者がプレーヤーに連絡する必要がある場合は、たとえば、プレーヤーの駐車場に接続するロビーでプレーヤーを待ちます。 プレイヤーを知る過程で、作家はそのプレイヤーやその家族と一緒に夕食をとります。

エンジェルスの大谷翔平(左)が春野球訓練場でメディアと対話している。

エインジ​​ョルスの大谷翔平(左)が2019年アリゾナ州テンピーの春季野球訓練施設でメディアと対話している。

(クリス・カールソン/AP通信)

そんな土台を確保した作家は専門作家になる。 まるでアメリカの野球作家がチームインサイダーに分類されるかのようだ。

柳原はそんな作家だ。 そして彼の論文は、彼が大谷についてたくさん書くことを要求します。 昨年、彼は53の新聞1面についてのほとんどの報道を提供しました。 日本のスポーツ文章は一般的に短くて重要なので、一つの物語はいくつかの文章で小さくすることができます。

2019年6月、大谷がサイクルに乗った日、柳原は新聞3面分の記事を書きました。

「翌朝9時まで書いた」と話した。

今年は日本とのワールドベースボールクラシック(WBC)に大谷が出場する風に柳原がいつもより少し時間を持って東京に帰った。 彼はまた準決勝のためにマイアミに飛び、大谷と侍ジャパンがWBCで終わる残りの春の訓練のためにテンピーに戻ります。 大谷が行くところは柳原が行くところです。

柳原は野球記者生活について「もちろん私にとっては大変なことです。 「いつも家族が恋しいです。でも私の夢の職業です。」

シーズン中、日本の作家と写真家のグループは、大谷が試合前のルーチンから単に他のチームメンバーと歩いたり冗談を言ったりするまで、すべてを行う写真とビデオを撮ります。

それは春のトレーニング中にも発生しますが、テンプ施設を見下ろす丘を登る放送ニュースカメラオペレーターが駐車場で運転する彼の車を録画するためです。

青池は丘の上のカメラについて「野球を取材する記者として、彼らが入るまで待ってから、彼らが出るまで待たなければならないという話を聞いた」と説明した。 Aoikeは主に東京スポーツのコラムニストですが、他の日本メディアのフリーランサーでもOhtaniを扱っています。

「それで、彼がその日に健康に到着したことを確認するために、その映像を手に入れようとしなければなりません。 絶対にわからない? 途中で問題が発生したり遅れることがあります。」

選手がいる限り競技場や施設にあるのは日本文化で尊重と専門性の表示でもあります。

大谷翔平が打撃練習を終えて帰ってくるのを待って、エインザルス・ダックアウトの前に集まったメディアたち

2018年3月29日木曜日、カリフォルニア州オークランドで開かれたオークランドアスレティックスとの開幕戦野球競技を控え、大谷翔平が打撃練習から復帰するのを待ち、ロサンゼルス・エンジェルズ・ダックアウトの前にメディアが集まっています。

(ベン・マゴット/AP通信)

このシーンは、1995年のノモ以来、MLBを通じて来たすべての日本の有名スターの典型的な姿です。

「多くのメディアが来て、メディアルールが何であるか分からなかった。 [here]Grace McNameeは、Nomoが来たときにDodgersで宣伝活動をした経験について語りました。 彼女は現在、エンジェルズ広報部でコミュニケーションマネージャーとして働いており、大谷をカバーするために来る日本のメディアを探索するのを助けています。

「そしてそれは私たち全員のためのトレーニングコースでした」とMcNameeは言い続けました。 「さまざまなチームとメジャーリーグのベースボールに送るメディアのリストを作成する必要がありました。 いくつかの文書を翻訳しました。 [from English to Japanese]クラブハウスのルールのように」

その時と今の最大の違いは大谷とコミュニケーションする方式だとマクナミは説明した。 たとえば、ノーモ時代のすべてのインタビューの要求は、ファックス、通常の郵便、時には電話で行われました。 これで、彼女はグループチャットで簡単なテキストメッセージを送信し、インタビューの時間やスケジュールに関する情報を伝えることができます。

AbeやAoikeなど、Ohtaniを扱う多くの日本のメディアは、以前は他のいくつかの日本の野球スターを扱っていました。 Aoikeは2007年からアメリカに住んでおり、日本テレビのレポーターとしてHideki Matsuiを取材しました。 松井以来ヤンキース時代、鈴木とドジャースで4年を過ごした前田健太も取材した。

「KentaはShoheiのための一種の準備のようでした」。 Aoikeが言った。 「翔平が起こったとき、突然翔平についての話が出て、彼らは私に行くように言いました。 [the stadium] 毎日」

青池はアメリカに移住してから1年に1、2回家族を訪問するために日本に戻り、主にオフシーズンが最も遅い1月に行われました。 彼女の家族は日本に戻ったが、彼女はアメリカでより快適さを感じ、大谷を取材する目的に追われる。

以後死亡した彼女の母親は、大谷がエイジェルスと共に初年度の2018年に膵臓がんにかかった。 Aoikeが病院で彼女を訪問したとき、彼女はテレビで彼を見ている他の人を見るでしょう。

「Shoheiが他の人にとってどれほど重要かを知りませんでした。」 青池さんが説明しました。 「野球ファンではなく彼を見守る友達がいる。 翔平が人々に与える感じが義務ではないようですが、日本人に話を伝えたいと思います。

しかし、違いがあります。 なぜ日本の作家、写真作家、映像作家たちはただ大谷を取材するためにそんなに多くの命を捧げたのか。

名誉。

「前に [Ohtani]ただ最善を尽くして努力したことだっただけなのに今は誰かが気持ちよく感じられる話をしたい [reading about him] その日」 Aoikeは言った。

READ  1ラウンドティータイム… タイガーウッズ早く、ジョーダンスピース遅く
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours