日本メーカー、排出削減に関する国際標準の推進

1 min read

「自動車メーカーが電気自動車を売って賞賛を受け、私たちはバッテリー製造過程で排出されるCO2について非難を受けることは不公平ではないでしょうか?」 パナソニックの経営責任者の上原宏氏は、日経アジアとのインタビューでこう語りました。 北米テスラにEVバッテリーを供給する主要サプライヤーであるパナソニックは、環境に優しい貢献を認めるのに苦労しています。 解決策:サステナビリティ評価に「排出防止」を含めます。

排出削減:概念

排出削減は、基準シナリオと比較して製品やサービスを使用することによって防止できる温室効果ガス排出量を表します。 電気自動車(EV)メーカーやその他のグリーン技術メーカーのサプライヤーは、気候変動に対処する際に重要な役割を強調するためには、標準化された計算が不可欠であると主張しています。

現在の二酸化炭素排出量は、スコープ1、2、3の基準に従って計算されます。 Scope 1は会社運営で発生する直接排出量(ビジネスキロメートル、ICE)を意味し、Scope 2は会社が使用するエネルギー生成による排出量(ビジネスキロメータ、BEV)を意味し、Scope 3は全サプライチェーン(通勤)から発生する排出量を含みます。 ただし、これらの基準は、排出削減へのサプライヤーの貢献を考慮していません。

非生産的

適切な認識と信用がなければ、バッテリーメーカーやその他の部品サプライヤーは、排出量を効果的に減らすための努力を効果的に示すために努力します。 日本電気工業協会(JEMA)は4月の報告書を発表し、政府、民間部門、学界が排出ガス防止のための国際規定の設定に協力することを促しました。 これにより、金融セクターは企業の排出削減の貢献に基づいて情報に基づいた投資決定を下すことができます。

ジュネーブに本部を置く国際電気技術委員会(IEC)は、現在の排出削減計算のためのグローバル基準を議論しています。 日本はこれらの基準を強く提唱してきました。 岸田文夫首相は、広島で開かれたG7首脳会談で、首脳の声明にこの概念を首尾よく含めました。 G7リーダーは、排出削減に貢献するイノベーションを促進するための企業の努力を促進することに合意しました。

国際的なサポート

上原氏は、サプライヤーが純ゼロの炭素排出を達成するように動機付けるためにインセンティブが必要であると強調しました。 ビジネスの成長は排出量の増加につながり、ビジネス活動を減らすことが排出量を減らす最善の方法であると誤って提案する可能性があります。

したがって、排出ガス防止規格は、EVなどの製品に重要な部品を供給する製造業者と省エネ技術に関連する製造業者にとって大きな助けとなります。 しかし、新しい計算方法が透明で一貫性があることを確認することは依然として課題のままです。

日立やダイキン工業などの日本メーカーは、フランスのシュナイダーエレクトリックなどの欧州電子メーカーとの排出削減の導入と規制を支援しています。 日本証券会社野村ホールディングスは、2023年から環境、社会、ガバナンス(ESG)スコアに排出削減を含めてきました。

パナソニックのCEOは、一部の企業が以前に炭素削減への貢献を誇張するために排出削減の概念を使用していたことを認めています。 彼は、業界がこの計算の信頼性と透明性を維持するために第三者の保証が必要かどうかを考慮する必要があると提案しました。

写真ソース:Shutterstock 2374437801

READ  日本大学、日本企業社長大学院ランキング1位
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours