日本モビリティフェアでスタートアップ、主要企業と競争

Estimated read time 1 min read
読売新聞
チューリングコンバーチブルEVが木曜日に東京の後藤区で開催された日本のモビリティショーで開催されました。

現在、東京後藤区東京ビッグサイトで進行中のJapan Mobility Showで、数多くのスタートアップが新しく革新的な電気自動車(EV)を展示し、業界の認知度を高めるために競争しています。

2013年に設立された横浜を拠点とするメーカーであるFOMM Corp.は、2011年に東日本大震災と津波で得た教訓をもとに「水に浮かぶことができる」EVを開発しました。

同社の新しいFOMM TWOコンパクトモデルは、水が内部に流入するのを防ぐように設計されており、車輪に取り付けられたパドルブレードを使用して水中で航行することができます。 特殊ホイールを使用すると、車両の回転半径が1.9mで、最小回転経路が約4.5mの一般軽自動車の回転半径を凌駕します。

同社は2026年に車両を200万円未満の価格で販売することを目指しています。

鶴巻秀夫(Hideo Tsurumaki)社長は「私たちは安全と利便性を目指して細部の機能に優先順位を置いています」と話しました。 「私たちは、大企業が作った自動車とは違う私たちの自動車の長所に対する認識を高めたいと思います。」

読売新聞
FOMM Corp.のFOMM TWO水陸両用EV

一方、自動車およびソフトウェアエンジニアが設立した千葉県柏素材のスタートアップであるチューリング(Turing)は「私たちはテスラを追い越す」というモットーをもとに運営されています。 今回の展示会では、同社は赤を展示しています。

自律走行機能を搭載したEVコンバーチブル。 人工知能(AI)技術を活用して完全自律走行車の量産を目指している。

EVは標準車両よりもデザインがシンプルで、野心的な競争相手が販売基盤を構築するのが簡単です。

2019年に東京後藤区に設立されたEVメーカーであるHW Electroは、サイズが縮小された部品と部品を備えたPUZZLE EVライトバンを披露しました。

同社はこのモデルを2024年末に200万円で販売することを目指している。 また、11月にニューヨークタイムズスクエアに展示して車両を広報する計画だ。

Japan Mobility Showは11月5日まで行われます。 チケット価格は3,000円です。

READ  米国株式市場は、経済の回復のためのより多くの証拠の記録に上昇
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours