技術

日本ユニコーンOpnが米国のオンライン決済部門に参入するためにMerchantEを買収

東京、11月15日(ロイター) – 日本のレアユニコーンであり、10億ドル以上のスタートアップであるデジタル決済プロセッサOpnは、火曜日、米国投資会社Integrum HoldingsからMerchantEを買収し、米国オンライン決済部門に進出したと明らかにした。

Toyota Motor Corpが投資家であるOpn (7203.T) 金融サービス部門は取引規模を公開していませんが、取引に精通した情報源は、米国の決済処理プロバイダーが約4億ドルで売却されたと述べました。

今回の取引は、岸田文夫日本首相政府が経済成長を促進するため、スタートアップ企業への投資とデジタル転換を加速するために努力しています。

長谷川淳(Jun Hasegawa)OPN最高経営責任者(CEO)は、ロイターとのインタビューで「スタートアップは岸田首相政権が始まって以来、巡風を迎えている」と話した。

彼は「(取引のために)ファイナンシングに参加した金融機関の他に、今回日本国際協力銀行(Japan Bank for International Cooperation)や日本投資公社(Japan Investment Corp)など政府基金が私たちを強力に支援した」と話した。

「open」と発音されたOpenは、シンガポール、タイなどの東南アジア諸国を中心にサービスを提供しています。 米国は、MerchantEの買収後に事業を運営する7番目の国になります。

竹中清志記者。 Simon Cameron-Mooreの編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  Google、Android用YouTube Goアプリを停止 - 最高の人生

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close