日本レジェンド長谷部、欧州コーチのキャリア目標

1 min read
이전 <a 클래스="링크 " href="https://sports.yahoo.com/soccer/teams/japan/" 데이터-i13n="sec:content-canvas;subsec:anchor_text;elm:context_link" 데이터-ylk="slk:일본;sec:content-canvas;subsec:anchor_text;elm:context_link;itc:0">日本</a> 主張 <a class="링크 " href="https://sports.yahoo.com/soccer/players/375557/" 데이터-i13n="sec:content-canvas;subsec:anchor_text;elm:context_link" 데이터-ylk="slk:하세베 마코토;sec:content-canvas;subsec:anchor_text;elm:context_link;itc:0">長谷部誠</a>ブンデスリーがシーズンを終えた <a class=에서 은퇴했습니다."링크 " href="https://sports.yahoo.com/soccer/teams/frankfurt/" 데이터-i13n="sec:content-canvas;subsec:anchor_text;elm:context_link" 데이터-ylk="slk:아인트라흐트 프랑크푸르트;sec:content-canvas;subsec:anchor_text;elm:context_link;itc:0">アイントラヒト フランクフルト</a> (山崎雄一)” src=”https://s.yimg.com/ny/api/res/1.2/7C_5JwVJ6VYZXjnbaUZSxQ–/YXBwaWQ9aGlnaGxhbmRlcjt3PTk2MDtoPTY0MA–/https:// uk/f24fab5337f7d2badc8335fe2f25e574″ data-src=”https://s.yimg.com/ny/api/res/1.2/7C_5JwVJ6VYZXjnbaUZSxQ–/YXBwaWQ9aGlna .zenfs.com/en/afp.co .uk/f24fab5337f7d2badc8335fe2f25e574″/><button class=

長谷部誠は、金曜日の全国代表主張が40歳で引退した後、欧州最高のリーグのひとつでコーチを務めた最初の日本人になりたいと言いました。

長谷部は17シーズンぶりに選手生活を終えた。 ドイツブンデスリーは先週末のシーズンの最後の試合でアイントラヒト・フランクフルトとの交代で出場した。

これは彼のドイツ第1部リーグ384回目の試合であり、 ポーランド'S ロバート・レバンドフスキー そして、外国人選手の間でブンデスリーが出場でペルーのクラウディオピサロ(Claudio Pizarro)だけを追いかけています。

3回のワールドカップで日本の主張を務め、114試合に出場したディフェンダー長谷部はフランクフルトに残り、ユースチームコーチとして活動する予定です。

彼は東京で記者たちにクラブでよ​​り高いポジションを任せる前にコーチングの資格を取得する計画だと述べた。

「私の主な使命は、他のすべてのカテゴリを観察しながら21歳以下のセカンドチームをコーチすることです」と彼は言いました。

「私が目指す最終目標は(フランクフルトの)一軍コーチになることです」

ヨーロッパ最高のリーグの一つでチームを務めた日本人コーチはありません。

長谷部は今シーズンのブンデスリーガで最も年上の選手で、長谷部より4歳以上多い。 ベルダー・ブレーメン オレ・ベルナー監督。

彼は「年齢にあまり興味を持っていない」と言った。

名前を確認した長谷部は「コーチングのキャリアを始め、まず経験を積みたい」と話した。 バイエル・レバークーゼンサビアロンソを尊敬するコーチに選ばれた。

「これから日本に行くのかドイツに行くのかわからないけど、高いレベルでコーチする人になりたいです」

長谷部は浦和レッズで日本Jリーグとアジアチャンピオンズリーグ優勝を獲得した後、移籍した。 ヴォルフスブルク 2008年、ドイツでの最初のシーズンにブンデスリーが優勝しました。

ニュルンベルクで短期間を過ごした後、2014年にフランクフルトに移籍し、ドイツのカップとユーロパリグをすべて優勝しました。

長谷部は2011年アジアカップで日本代表に優勝した。

AMK/PST

READ  赤い悪魔は東京の近くの丘を熱くしている
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours