日本・アメリカ・EU、偽造取引対策強化

Estimated read time 1 min read

日本と米国、欧州連合(EU)は、オンラインマーケット運営会社と協力して偽造品違法取引に対する対応策を強化する計画だと、この問題に精通した消息筋が土曜日明らかにした。

経済協力開発機構(OECD)が中心的な役割を果たす中、同じ考えを持ったパートナーは、Amazon.com、楽天グループなどのオンラインマーケットプレイス事業者と協力し、2025年以降の指針を設けることを目指している。 偽のブランド商品がオンラインで取引されるのを防ぎます。

2022年10月に撮影された写真は、大阪府茨城市茨城警察署で押収された偽造ブランド品を示しています。 (刑務所)

鍛造品が経済的に及ぼす影響は広範で巨大になっており、これらの商品の多くは中国やその他の新興国で生産・販売されています。

消息筋は「高所得国家が中心であるOECDが新興国のオンライン加盟店に圧力をかけにくいほど、オンライン場の事業者が参加して対策を議論することが意味が大きい」と話した。

OECDは2022年末に偽造取引対応タスクフォースを構成し、先月この問題に対する政府レベルの議論を始めた。

OECDは指針を設定し、事業者が靴、服、バッグ、化粧品などの偽造品の取引を防止するための努力を強化するよう促すことを希望しています。 また、政府が偽造品の根絶のための法案を設けることを期待しています。

オンラインマーケットプレイスの運営者は、知的財産権が侵害された企業が適切な法的措置を講じることができるように、販売者に対して厳格な身元確認を実施するための指示に従って要求される可能性が高いです。

READ  日本の中部温泉地の地すべりの死者15人に増え
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours