技術

日本・インドネシア、水素・アンモニア・CCS協力

2017年4月24日、東京の水素充電所の前を通る行人。 REUTERS/Issei Kato

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

東京、1月10日(ロイター) – 日本とインドネシアがクリーンエネルギーへの転換のため、水素、アンモニア、炭素捕集および貯蔵(CCS)などの脱炭素技術に協力することにしたと日本産業部が月曜日明らかにした。

萩宇田小一日本産業賞とアリピン・タスリーフインドネシアエネルギー賞が10日、ジャカルタで開かれた量子会談で協力了解覚書(MOC)を締結した。

MOCは、水素、燃料としてのアンモニア、CCS、炭素回収活用、貯蔵(CCUS)などの現実的なエネルギー転換に寄与する技術の開発と配置で協力することを目指しています。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

水素は主に精油に使用され、アンモニアは肥料、産業資材などに使用されるが、今後高炭素燃料を代替する可能性があると判断される。

日本は天然ガスを代替するために水素を実験し、一部の石炭をアンモニアに置き換える一方、資源不足の国は潜在的に炭素のない未来燃料のグローバルサプライチェーンを構築しようとしています。 もっと読む

アリピンインドネシア長官は声明で「インドネシアと日本はインドネシアの利用可能な天然資源を活用して炭素捕集活用と貯蔵を共に発展させることができる」と話した。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

東京のYuka Obayashi報告、ジャカルタのFransiska Nangoy追加報告。 Louise Heavensの編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  iPhoneの電源アダプタが含まれていないことを嘲笑Xiaomiも電源アダプタの除去に非常にすることができ、明らかに - GIGAZINE

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close