技術

日本・スイス、ロシアに対する強力な制裁維持に合意





岸田文夫日本首相(右)とイグナチオカシススイス外務長官が2022年4月18日、東京首相室で会談に先立ち記念撮影をしている。 (キママサマヤマ/プール写真 via AP)

日本外務省は岸田文夫首相とイグナチオカシススイス大統領がロシアのウクライナ侵攻に対して「強力な」制裁を維持することで20日合意したと明らかにした。

外務大臣を兼任している岸田とカシスはまた、東京でロシアがウクライナ民間人殺害に責任を負わなければならないということに同意し、モスクワが世界社会の声に耳を傾け、侵略を中断するよう促したと外交部によると伝えた。

岸田首相はメディアに公開された会議の冒頭で「ロシアの侵略はヨーロッパだけでなくアジアを含む国際社会の秩序基盤を揺さぶっている」と話した。 「今のように国際社会の団結が必要な時期はありません。」

カシスは、スイスがロシアに対する厳しい制裁を続けながらウクライナに最大限の支援を提供すると述べたと引用された。 彼はまた、経済、科学、技術の分野で日本との協力を強化することを望んでいると述べた。

非欧州連合(EU)加盟国で永久中立国として知られるスイスは、2月に始まったモスクワ侵攻後、欧州連合(EU)、米国、日本に合わせてウラジミール・プーチン大統領の資産凍結などロシア制裁を推進した。 24.

しかし、スイス政府は、戦争への対応が中立を放棄したという意味ではなく、国家は「軍事的にどの戦争当事者にも有利ではない」と述べた。

外交部によると、両首脳はまた北朝鮮について議論し、1970年代と1980年代の北朝鮮のミサイル脅威と日本人拉致に対処するために協力することを再確認した。

土曜日から6日間日本を訪問するカシス首相は以後、林吉正外務相と会談を行った。 彼らはウクライナに対するロシアの侵略が「明らかな国際法違反」であるという見解を共有した。

林は、会議後の記者会見で、スイスがロシアに対して「EUが課したのと同じくらい強力な制裁措置」を取ったことについて高く評価すると述べた。

2023年から2年間、国連安全保障理事会非常任理事国候補に指名された両国は、改革のための協力をさらに強化することにしたと外交部が伝えた。

カシスは去る1月、スイス大統領になって以来初めての日本訪問だ。 朴大統領は日本に滞在する間、他の日本長官たちとの会談のほか、ビジネスイベントに参加し、日本西部都市である大阪と京都を訪問する予定だ。

READ  最新のWindows 11プレビュービルドで新しい壁紙とより良いウィンドウスナップ機能を提供する

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close